categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category感想

【感想】キリチヒロさん著(@hydra / blue)ブルー三部作『はばたく魚と海の果て』

trackback0  comment0

改めて、感想を書いてみる。
ブルー三部作の三作目を読んで、イメージが変わった、かもしれない。

ネタばれするので、まだ読んでいないひとは、なるべく読まない方が良いかなと。

もっとも、この感想は、Twitterで拡散はしないでおく。
ので、そんなに目につくことはないかなと。


ちょっと失敗したなって思ったのは、あまぶんの推薦文を書くために、ちょっと、そのため用の読み方をしてしまった。
もったいなかった。申し訳なかった。
40Pくらいまでは、なにも考えずに読んで、さっそく電車の中で号泣しそうになってしまった私だけれども。
その後は、そういう頭で読んでしまった、3作目。
それでも、涙せずにはいられないシーンがあった。

3作目、もう終わるというところで、ああ、これは自伝だと気がついた。
あとがきを読んだらそのように書いてあって、得た確信は間違いではなかった。

もっとも、自伝だと気がついたのは、キリチヒロさんのTwitterを図らずも追っていたせいかもしれない。

著者の不安定さが表れている。
なによりも、著者のP.N.が主人公と同じ「ちひろ」であること。

もっとも、この物語の主人公は「陸」の方ではないかとも思ったけれど。

陸が智尋にあたるシーンがある。それも2回ほど。
智尋が昴にあたるシーンもある。
親が子供に向かって言う言葉にも、ある。

お前に何が分かる

もはや、この物語のテーマがそれなのではないかとすら思えた。
各々が様々なものを抱えて、分かって欲しいと思うのだけど、
そう、きっとすべてを分かろうとするのは無理で、
いや、分かった気になるだけだと、そうつきつけられる。

何が分かるのかと、という言葉は問いではない。
拒絶に近い。
自分の心の深いところまで、見えるはずがないだろうという、当たり前のことを言う拒絶であり、理解してほしいという言葉ではない。
けれども、分かって欲しい。
分かって欲しいというのは、欲しい言葉があるんだ、それを言って欲しい、という意味だ。

分かるか、んなこと。
ってつっこみたい。

BLはおまけにすぎない。
いや、もちろん、大切なことでもある。
陸は誰にでもなく智尋だけに「好きだ」と言う。
それは、必要な言葉で、その言葉を言うことで、智尋をつなぎとめる。
そうすることで、孤独から逃れられる。
陸には智尋が必要だった。

もっとも、らぶらぶには程遠い。
え、これまだつきあってるの? って疑問に思うくらい。

知ってたけど。
実は『夏火』の後に『hydra/summer』を読んでいる。
コピー本である。
金沢で一緒に買ったもの。
(つまり全買いしてるんですけれども)
これを読むと、智尋と陸がなんかもう疎遠っぽい……
いや、ほんとはらぶらぶなんだけど、お互い忙しいみたいな感じだと嬉しいんですけれども……

『ミニチュアガーデン・イン・ブルー』から読み返してみる。『夏火』と共に、目を通すのは3回目となる。

ちょっとどころではなく、私はにぶいので、
1作目が高校1年、2作目が高校2年、3作目が高校3年、という構成になっていることに、3作目を読んで気がついたりした。

1作目で拾った単語は、
りんごジュース、敵、ピアス、煙草、好き というもの。
ほとんどが、陸に関するものかな。

1番は犬のアレックスなんだと思う。
最初から、最後まで、アレックスの老衰がこの物語を引っ張っていく。

出会いと別れと再会が描かれている。
こうやって並べてしまうと大層なテーマに思えるかもしれない。
1作目から、こんなテーマ、まじかって思う。
(もちろん、違うかもしれない)

けれども、2作目を読めば、この1作目のテーマのなんて軽いことかと思ってします。

『夏火』で拾った単語、じゃなくて言葉かなは
僕の内緒の「恋人」
ピアスに触れられることの優越感。だけど、そのピアスの意味は?
先生
生きるのか
別れても愛してる。
早苗が死んだ海

でした。
重い。
『夏火』から出てくる昴の存在は、正直、智尋じゃないですけど、邪魔だった。
同じこと思った。こいつさえいなければって。
あとで智尋も言っているけれど、陸には必要だった。
そうだな。智尋がいなくても、大丈夫になるには必要だった。
智尋は椎名にも昴にもあっさりと、陸とつき合ってる、つき合ってたと言えてしまう、なんかすごい子なんだけれども、
陸は違った。
どっちの感覚がおかしいのかと言えば、智尋の方じゃないかなって思う。

このふたり、別れてもお互い好きあっていて『夏火』の最後には仲直りしてたりする。
それでも、たぶん、陸の方には覚悟なんてもんは少しもない。
それどころでもない。
智尋の方は、もう綺麗な陸に恋しちゃってるので、約束云々よりも、振り回されてる感がある。

1番、つらかったのが、たぶん『夏火』じゃないかなって思った。
らぶらぶではなかったけれど、1番BLだった。

『はばたく魚と海の果て』で拾った言葉は、
受験。
椎名の悩み。
そんなこともできなくなってしまった。
好きというだけ。
望むものをお互い持っていないということ。
早苗
死と生


こんな感じかな。
1番起伏がなかったかもしれない。
この三部作、起承転結で例えるなら、
2作目に承転があって、3作目はすべて結という感じ。

テーマ、重いんですけれど、そうだな、下手な作家が書いたら、陳腐なものになっているだろうなっていうテーマ。
あっさりかな、あっさりではないかもしれないけれど、
アレックスの死と(犬と一緒ですまんな)似ている。

もう何回か読み込んでみたいところ。

最後は綺麗に終わる。

この物語で早苗という美少女はすでに死んでいて、ひとではないのだけれど、最後のほうで、人間だったってことを聞かされる。
早苗にそっくりで綺麗な陸もまた、振り返ってみれば、誰よりも人間くさい。

最後、私には彼の笑顔が見えた気がした。
もしかしたら、この時が、陸が人間になった瞬間だったのかもしれない。
あと、陸が「生きていく」と決めた瞬間でもあった。


自伝かもしれないなと思ったのは、
うーん、なんだろうな。最初に書いたテーマのせいかもしれない。
結局、なんだよこいつら、青春しやがって、みせつけやがってってことで。
つらかったかもしんないけど、これって自慢じゃね?って思ったんです。
ちょっと、言葉悪いですけど。

あんまり、物語で自慢ってしないですよね。
いや、私のひがみ根性のせいだとは思うんですけれども。
私が悪い。
なんだろうな、高校生活って、私ですら半分はいいことなんてなかったって思うんですけれど、語りたくなるくらいにはたくさんのものが詰まってるんですよね。


椎名には、この3部作、救われたなあって思います。
椎名にも奈津美さんっていう、早苗さんを恨んでると言ってもいい母がいて、その奈津美さんの言う通りにならない椎名は椎名で悩んでいるんですけれど、本当に、この子の明るさには救われた。私が救われた。カレーの福神漬け。(例えが最悪)

陸は、実はめっちゃイラっとするキャラクターなんですけれども(笑)
とても魅力的なキャラクターなんですよね。
私も、持ってますよ。こんなキャラクター。
イケメンで頭良くて、金もってるの。そして、そんな良いところ全部なかったことにさせる重いものを持ってる。
性格は全然違いますけど。いや、似てるかな。八つ当たりマンなところは。
椎名とよい兄弟で、微笑ましい。智尋とよりも椎名との方が気が合いそう。まあ、ベクトルが違うけれど。

智尋は、まあ、主人公らしからぬ、腹黒さよ。
陸のためならなんでもしちゃうぞこの子みたいな。
陸にいいようにされて、何度も泣くし、陸の欲しいものを自分が持っていないと分かった時、陸が自分の欲しいものを持っていないと分かった時それを望まずに引いてしまう。
なにこの、悟った娼婦みたいなの。
すごく好き。可愛いなあって、思いましたよ。いやほんと、先のこと考えると、この子が1番つらいって思う。
思うんですけど、この子、大企業に就職してます……
リア充じゃないか! 
私が心配するまでもなく、幸せな道を歩いてるんじゃないかなって思います。

そうゆう意味ではハピエンじゃないかなあ。
ハピエンにこだわって、キリチヒロさんには、思ってるのとは違うかもしれませんけれど、なんて言わせてしまって、気を遣わせてしまいましたけれど、
そうですね、このお話、本当にそんな軽い話じゃなかったなって。
ちょっと、私が、物語の全体が2作目読んだくらいでは見えてなかった。
そんな、高校卒業したくらいで、エンドなんてこと、ないんですよね。

そんなお話で、つまり、また私は、キリチヒロさんに重いであろう言葉を投げてしまうのですけれど、
ふたりの大学生活のお話が読みたいです!!

もういっそ、その後でもいいし、
はっきり言って、お互い欲しいもん持っていなかろうが、
もう一緒に住めばいいじゃん!って思いましたよ。
陸には新しい友人がいっぱいできて、智尋はまた昴んときみたいに、嫉妬して、なんて妄想します。

良いお話をありがとうございました。
キリチヒロさんには、ゆっくりお休み頂いて、また、こんな素敵な物語を読ませて頂けたら、嬉しいなあって思います。

あまぶんの推薦文も投稿しました。
もうちょっとトーンは落ち着いてますが、抽象的ではありますが、ネタバレしないで真面目に書くとこんな感じかなって。
もし、この記事を読んで、気になりましたら、チェックしてみてください。
反映まで、時間がかかるかもしれませんけれど。

category感想

【感想】梅川もも様著(@ 雑食喫茶)『半輪』『夕闇幻想奇譚』『不明瞭な関係』

trackback0  comment0

感想書くフェアに声かけてくださった方のおひとり。
前回の文フリでお隣さんでした。
本も持ってましたので、ちょっとでも宣伝にと、感想を書きます。

雑食喫茶
http://nanos.jp/tamayuradoki/

文フリWEBカタログ
https://c.bunfree.net/c/tokyo22/!/%E3%82%B1/20

Twitter:@usuasagimoe
https://twitter.com/usuasagimoe

第22回文学フリマでのブースは ケ-20 です!

テキレボの感想投稿にも耐えられる文章ではないかもですが……
なので後でちょっと書き直すかもしれませんが。

ネタばれも注意です。すみません。


◆『半輪』
和風の、艶のある、半月の夜の逢瀬の物語。
とても短いお話なのですが、目に浮かぶ光景は情緒にあふれていて、とても切ないです。

愛するひとを遠ざけなくてはならない、それだけで胸が締めつけられるようでした。
最後は、悲劇的なのかもしれませんが、温かいものでした。
暗い情景から、少しだけ明るくなって終わります。

目頭が熱くなりました。


◆『夕闇幻想奇譚』
アヤカシと人間の女性の恋物語。

アヤカシがかっこいいんです。そりゃ惚れるよってなります。
人間の女性も綺麗な美人さんのようで、アヤカシも惚れます。

このお話は、異種族恋愛ものなので、それはもう壁が高いです。
想い合ってアヤカシは『半輪』の男性と同じように、遠ざけようとするんですが、愛の力はすごいですね。
いえ、もしかしたら、アヤカシの方に迷いがあったのかもしれません。

異種族恋愛もの、好きです。
女性の方は初恋なのかもしれません。
とても初々しかった。
アヤカシの元へと着物で森の中を走っていく姿、とても印象的でした。


◆『不明瞭な関係』
発禁であります。
が、表現が詩的なので、綺麗な感じです。えろくない。
と、思います。

梅川さまの書き方なのでしょうね。前の2作でもそうですが、ふたりの視点が変わり、同じシーンが繰り返されます。
これ、ちょっと躊躇う表現方法なんですが、実は私もやってみたいと常々思っているもので、また、その繰り返されるシーンなんですが、書き方が下手だとたぶん、つまらないんですが、そんなことはまったくないです。
むしろ、それがいいとすら思います。

タイトルからして、これってもやもやして終わる、純文学とかにありがちなやつじゃ……って思いました。

違いました。
これ、またちょっと目頭が熱くなったんですけど……
最後、ハピエンでした。

内容的に思い返せば、なんか、ずっとやりまくってるんですけども、
最後はにやけちゃいました。
らぶらぶ、ごちそうさまでした。


まとめ

独特の文体だと思います。詩的と表現するのが近いかなと。
そして、大人っぽいです。
私のかねんばのお子様感あふれるやつと比べてそうだよね、大人はこうだよねって、思いましたっ

なんとなく、梅川さまの好きなシチュが分かったりしました。
いいですよね。結ばれないなら、遠ざける。
実はもなにも、私も大好物です。
すごく好きです。こんなお話を、BLで書こうとしてます。ファンタジーで、異種族で!
私の好きなお話を書く方に出会えたことを感謝します!(文フリ配置ご担当者さまに&神様に)

こういう、悲劇的なけれどもバッドエンドじゃないやつ、好きなひとは、是非、手に取ってみてください。
ハピエンしか好きじゃないって方も是非!

どれも短いお話なので、試されるにも丁度良いかと思います。


個人的には、もうちょっと長いお話も読んでみたいです!

category感想

【感想】キリチヒロさん著(@hydra / blue)『ミニチュアガーデン・イン・ブルー』『夏火』

trackback0  comment0

本当は、まだちょっと寝かせておきたいものだったのですが、
文学フリマの前にと思いまして、私の熱い思いをしたためました。

寝かせておきたい理由は、今度の文学フリマ東京で、このシリーズ完結となる新刊が販売されるからです。
読んでからと思ってましたが「hydra / blue」としては最後の出展とのことで、まて、それは、この機を逃したら、買いにくくなるのでは? と思ったのでした。

なので、新刊『はばたく魚と海の果て』を読んだら、この記事は書き換えられます。


「hydra / blue」さんのキリチヒロさん著『ミニチュアガーデン・イン・ブルー』と『夏火』に出会ったのは、文学フリマ金沢でした。
印象的な素敵な表紙が目に入って、BLの文字。
そのブースに座ってらしたのは、イケてる素敵な男性……
え、この男性がBLを…??
いやいやまさかと思いつつ、購入。
(キリチヒロさんは素敵な女性です)

文学フリマでは、BLジャンルのブースになかなか行けずにいました。
だいたい、私のブースとフロアが違っていて、たどりつかなかったのです。

なので、サークル名すら知らなかったのです。
金沢だからの参加サークルさんかもしれない、一期一会かもしれない。
なので、まとめて買ったのです。

文フリガイドに推薦したので、ブログで感想をあげることはしなかったのですが……
今回、改めてだらだらと書きます。感想ではないかもしれませんが。


まず、思ったことは、なぜもっと早くにこの本に出会わなかったのか! でした。

文フリで私は何を見ていたのかと思いました。
広い東京の会場ではなく、金沢という、ちょっとこじんまりとした会場だからこそ出会った本なのでした。

この厚い本、どんなBLだろうかとわくわくしました。
私は腐女子ですが、商業BLは他の腐女子に比べたら、そんなに読んでいないかと思います。
が、その中で読んできた本も、まあ、ライト寄りでしょうか。
ライト寄りなのは、たぶん、それが最大限のシリアスなのかなという感じです。商業なので。
私は、軽いBLは好みではなくて、ちょっと泣けるようなお話が好きなのですが、そう、ここで期待していたのは、
サークル「唐草銀河」さんの磯崎愛さん著の『夢のように、おりてくるもの』のような重いやつ。(濃くて素敵なBLです)

同人誌ならではのBL小説を期待していました。

読み始めて、それは良い意味で裏切られました。
あ、これ、純文学っぽいと。
純文学の独特の空気。
純文学、そんなに読まないのですけれど、やはり、文学フリマで出会った、例えば犬尾春陽さんの本のような感じ。
語彙力なくてあれなんですが……
淡々とした静かな空気、現実に近いはずなのに、隔離された世界、そんなイメージなんですが、これがすごく心地よいのです。

ああ、この子が受けで、このイケメンが攻めか美味しいとか思いながら読んでいくんですけど、
出会いはなんと幼少期で、その過去から語られ始めるのですが、もう号泣ものです。
別れるから。
あれ、なんでこんなとこで泣いてるんだ私はとなりました。
こんなとこ、というのは、お話的にはだって、幼少期の思い出の部分で(いえ、後々にすごく重要なんですけれどね)
高校生になっていちゃらぶする物語がまだ始まってないんですよ。
なのに、ここで泣いてしまう。
ああもうなんだこのBL、ショタBLか美味しいって思って読み進めると、やっとこさきたいちゃいちゃシーンはほんのちょっと。
いえ、すごく萌えるんですけれどね。

続きがあるのは知っておりましたから、分かった、いちゃらぶは『夏火』の方なんだな、よしっって『夏火』を読み始めると、
あれなんかミステリー……もちろん『ミニチュアガーデン・イン・ブルー』にも謎がいっぱいあって、
それを引き継いでのミステリーなんですけれども。

私は、ミステリーもそんなに読んではいないんですけど、読んでる商業小説のほとんどはミステリーであります。
ミステリー好きです。
よもや、ミステリー要素まであるなんて、思ってもみませんでした。
『夏火』では、謎が明かされていくのですけれども……
ふたりの間には壁ができてしまい、正直、私の好きな展開なんですけれども、
らぶらぶには至らず……ここでもお預けですよ。


いいですか、まだ読んでないひと。
3冊とも全部買うべしですよ。『夏火』からめっちゃ長く感じました。ハピエンはよですよ。

本当に色々と裏切られるんです。
ただのBLじゃない!

むしろこのBLってタグは本を売る上でマイナスになってやしないかとすら思います。

私のように、BLタグがあったからこそ飛びついたような人間には絶対に必要なタグなんですけれど、
このBLタグがあるせいで、手に取らなかったひとがたくさんいるのではと思いました。
もしそうなら、すごくもったいないことだと思ったんです。

もちろん、同性愛のお話そのものが苦手な方も多くいることでしょう。
しかしですね、純文学好きさんやミステリー好きさんなら、手に取ってみるべきだと思います。

ちょっと、私の感想の文章ひどいんですけれども……
ほんとすみません。ほんともっと素敵な感想を書ければいいんですけれど……
(ネタバレをなるべく避けようとするとですね……)

海のある町での、切なさいっぱいのお話です。
泣けるお話です。
苦しくなるお話です。
深く綺麗な青がとても良く似合うお話です。
静かで冷たい水の中に燃える小さな炎があるようなお話です。

文学フリマ東京へ行かれる方は、是非、手に取ってみてくださいませ。

あまぶんこと「尼崎文学だらけ」にも委託販売があるとのことなので、
あまぶんでも買えます! 

また、僭越ながら、こんな感想しか書けないやつなんですが、
推薦文を投稿したいと思ってます。

私の他にも、あまぶんの主催のにゃんしーさんのブログにも感想の記事がありますので、
むしろこちらを参考にして頂ければ安心かと思います。

にゃんしーさんのブログ
http://d.hatena.ne.jp/slymelogue/20160116/1452948007

尼崎文学だらけ
http://amabun.hatenablog.com/

文学フリマWEBカタログ
【コ-44】hydra / blue
https://c.bunfree.net/c/tokyo22/!/%E3%82%B3/44

キリチヒロさんのブログ(小説も読めます素敵)
http://manasseh.blog34.fc2.com/

通販
http://hydrablue.thebase.in/


ほかにもカクヨミとエブリスタでもちょろっと読めますかね。
ぱぶーさんでは有料ですが安く読めます。
(絶対的に紙の、表紙の素敵な本の方をおすすめいたします)

検索かけてみてくださいませ。

ああ、大切なことを……
にゃんしーさんは、男性です。
にゃんしーさんのブログに書かれている、文フリガイドの編集長、秋山真琴氏も男性であります。

男性でも読める作品かと思います。
この機会を逃されませんように。

category感想

【感想】大和かたる著『神社姫の涙』

trackback0  comment0

久々に感想を書きます。

宝来文庫さんの大和かたる氏の著作であり、
コミティアの新刊である『神社姫の涙』を谷中ミストの会の折り、先行販売して頂いたものです。


宝来文庫
http://horaibunko.blog.fc2.com/

大和かたる
Twitter:@hourai2011

2016年5月5日 コミティア116 @東京ビックサイト
宝来文庫さんは S24a ですよ。


東京弁天シリーズが終わってしまい、とても残念でしたが、
このお話も、東京弁天シリーズの「アヤメさま、宝船に乗る」の前のお話だったりします。

アヤメさまは出てこないのですけれど、弁天のお姉さま方は出てきます。

東京弁天シリーズを読んでいる方は、是非手に取ってもらいたい番外編です。


もっとも、独立したお話ですので、読んでいない方でも大丈夫だとは思いますが、
あれです。
東京弁天シリーズを読んでないの!?って感じです。

在庫がないと聞いてはおりますが、合わせて読まれることをおすすめ致します。



神社姫は妖怪ということです。
災いを予言するのだそう。

神社姫がコレラを予言したのは本当なのだろう、と思います。
妖怪は予言ができるのかどうかは謎ではあるかなと思いつつ、
人間よりは多くを見ることができるのでしょうね。ただし、予言は絶対ではないのでしょうね。

なぜ、そんなことをするのか。
存在というのは、第三者によって認められて初めて存在していると言えるのではないかと考えます。
忘れられたくなかったのかもしれませんね。

と、まずは、前知識を整理しておきます。
オカルト大好き人間としては、これは重要なことです……


人魚とも言われる神社姫、この作品では、ディズニー作品のように美しくはないようです。
ないようですが、性格が、なんかいじらしくて可愛らしい。

ところで、
表紙イラストの枝嬢(@ruru_e)の神社姫は美しくて可愛いです!!! ミスコレの表紙も手がける枝嬢の個展「眠らずの森」が5/27〜29の会期で東京都福生市で行われます。要チェックですよ!


『神社姫の涙』の表紙はこちら。素敵。可愛い。



弁天のお姉さま方もまた可愛らしい。可愛らしいコントでした。
いつも通り、面白かったです。


神社姫は人間よりは大きな力を持っています。
けれど、もっと大きなもの、ここでは災いなのですが、それを前にした彼女の起こした行動が、この物語で描かれています。

神社姫は人間と一緒に行動するのですが……
神社姫も、人間も、同じなのではないかと、そう思いました。


以下より、ネタばれになってしまうかもしれませんので、
これから買って読む方は、お気をつけくださいませ。

...Open more

category感想

【感想】東京弁天シリーズ『東京駅のアヤメさま』(大和かたる@宝来文庫)

trackback0  comment0
宝来文庫さん
http://horaibunko.blog.fc2.com/

大和かたる氏
@hourai2011


ミストの会でイベント売り前に入手致しました。

東京弁天シリーズ最新刊です。

ちょっとネタばれしてるかな……すまそ……

若き弁天のアヤメさまの成長物語で、今回はフジ姉さまにきつく当たられるアヤメさま。
東京駅で新たに縁を結ぶための祭事と、きつく当たられる理由が明らかになってゆくお話。

今回も、素敵なお話でした。
絶望の淵にあったとしても、目の前には、弁天さまの手が差し伸べられているのかもしれないと思いましたら、泣けてきました。

また、現代社会における私たちの変遷も改めて見ることができたのではないかと思います。

こじんまりとしたお話で、さて、アヤメさまは……
読み返すとあんまし活躍してない(笑)

あれ?

でも、いろんな縁のカタチを見て、また成長したのだと思います。


弁天さまの古き良き時代の、女性らしさが見えたのもまた良かったです。

お菓子とお人形しか持たないアヤメさま……
想像してむっちゃ可愛い!って思いましたが、どうやら、主人公らしくそこは珍しい戦闘タイプのようです。

これは、伏線ですよね??
これから、姉さま方々をたすけたりする、伏線ですよね??


これでシリーズが終わりということですが、まってくれよ、アヤメさま、まだまだ成長するじゃん。
戦うところだって読んでみたいですし、
おじいさん、おばあさんとの別れがおとずれた時、アヤメさまはどのように思い、成長なさるのか、読みたくありませんか!?

是非とも、またアヤメさまのお話を書いて下さることを大和氏にお願いするのです。


東京弁天シリーズと『ミスコレ! 2015』は
8/30(日) コミティア あ06b 宝来文庫さんで買えますよ!

優しい文体で、真乃おすすめの素敵な本ですので、是非是非ゲットしてください!


コミティア
https://www.comitia.co.jp/




◆【感想】大和かたる(@宝来文庫)「猫と弁天」「アヤメさま、宝船に乗る」
http://naturalmaker.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

『ブルー・オ・ブルー』の感想はこちら。
◆ブルー ブルー ブルー!
http://naturalmaker.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。