categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryどうしようもない日記

断片集について

trackback0  comment0
本の杜の企画「断片集」について、思ったことを書いてゆきたいと思います。

断片集はサイトでも読める他、歩登さんの手製文庫本として、本の杜にて無料配布されました。

断片集
http://www49.atwiki.jp/danpen/

そして、サイトでは1番面白かった作品に投票できるようになりました。
どきどきわくわくです。

私のはありがたくも、5人の方が面白いと投票してくれました。
この数字は少ないのかもしれないけれど、私にとっては、5人もの方がそう思ってくれたのが嬉しくも思います。
(ちょっと自分で自分に投票しようかと思いながら、踏みとどまっております(笑))

なんと、史文庫~ふひとふみくら~さんの唐橋史さん(@FuhitoFumikura )に感想も頂いてしまいました!

えへへ。うふふ。


と、そのような嬉しいことは置いときまして。

始めにお読み下さいのページをご覧くださいませ。
http://www49.atwiki.jp/danpen/pages/108.html

意見交換等をしあう場ではまだないということ。
どこがダメだったのか、良かったのかが、書き手に伝わらなければ意味がありません。

私は、幸い感想を頂いて、また自分も感想をお伝えしました。
Twitter上でのことです。

これは、良いことだと思います。
ありがたいですし。

次。

●作品について
 我々はアマチュアです。だからと言って、手を抜いて良い理由などはありません。
 我々は、誰かに読んで貰うための作品を創っています。
(サイトより引用)

これを読んで、真乃は、え!? ってなりました。

真乃は正直、いつも読者を気にして書いているわけではないです。
だから、面白くないって自分で分かっているものも公開するし、面白くないって言っている。
今回断片集に投稿したのも、同じです。
面白いって言えるものではないかもしれない。
つまらなくはないと思っていますが、構成がひどいし。
(ちょっと時間と文字数が足りなかった。スピンオフ作品でもあったし)

正直、手を抜いていないとは言えない。

そして、真乃はワナビ(※新人賞などに投稿しプロを目指すアマチュア物書き)ではありません。
だから、そこまで真剣に書く能力の向上を目指しているわけでもありません。



そして、冒頭の投票というサービスがリリースされることは、投稿前には知りませんでした。

そうそう、最初私は「寄稿」と書いていたのだけど、歩登さんが「投稿」とおっしゃっていたので、後になってその意味を知りました。


明らかに、私も歩登さんのかかげる理念とははずれているんです。

そのことで、削除依頼をされた方がおります。

その方のことを言っているのか、分かりませんけれども。
これはちょっとという記述があります。


まず、いいですか。
この投票というものは、1台のPCで90日(だったかな)に1回だけ、1番面白いと思った作品にしか投票できません。

2番、3番の作品には投票することができません。

だから、投票数が少ないからと言って、その作品が面白くないというわけではありません。
そのことを勘違いしてはいけません。
この投票システムで傷つく必要などまったくないということ。

もっとも、どれも面白くなかったというのに投票することもできます。
最初にお読み下さいを読んだ方は、厳しく評価することだろうと思います。




先にも述べました通り、私は理念とは違うものを投稿しています。
このサイトにきたひとが、始めにお読み下さいを読んで、投票するために作品を読んだとしたら、
おおきな誤解が生じてしまいます。

私の書くものは、断片集に投稿したものだけではありません。
それだけで、作家を評価できるはずもありません。
(ましてや、4千文字という制限付きで)

私が誤解されるのは、まあ構いません。
web上に公開してる作品の多くは、クオリティ低いので今さらですし。

ですが、理念と違うからと削除を依頼した作家さんや、
他の私と同じような気持ちで作品を書いている作家さんを、ワナビとして評価するのだけは
やめて頂きたいです。



主催の歩登さんは、創作文芸界を盛り上げようと頑張っている方です。
ただ、私のような、プロを目指していない、同人で書きたいものを書く、商業では書けないものを書く人間にとっては、熱すぎで温度差が激しいのかと思います。
創作文芸同人界にはそうした方が多くいらっしゃいます。
歩登さんは、もしかしたら、そこのところをご存知ないのかもしれません。

歩登さんは、まだお若いですから。
たくさんの可能性を持っている方です。

一方、私はというと、歳もとってきて、自分の文章のだめだめさもまだたくさんあるし、
構成とかね、そうゆうのも甘いし、そもそも、学がないから単純なものしか書けないし、
とうていバリバリ売れるような作家にはなれないっていうのが分かっている。
いつかプロになんて夢をみれるほど、おめでたくはないのです。

もちろん、創作文芸界を盛り上げたいと思う気持ちは一緒だと思っています。

でもでも、理念が変わらないようであれば、
次のに参加はしないと思います。

歩登さんのかかげるものと添うようなものは書けない。

そのことを、ご理解頂けると嬉しいです。


歩登さんの熱さについていけない真乃が悪いということ。
なので、これからも、歩登さんも断片集も、真乃は応援致します。


なので、ちょっと違うなあと思いつつも、削除の依頼等は今後もしません。


歩登さんのこの文面は、とても歩登さんらしいと思います。
(真乃がどれだけ歩登さんのことを知っているのかというつっこみはなしで)

傷ついたと思ったんだろうなあと。
大きな間違いなのですけれど。
優しいではありませんか。
ちょっと失礼だけど(笑)

つっぱしっているんだと思います。


いいなあ。若いって。

どうか、あたたかい目で歩登さんを見守ろうではありませんか。

ちょっと、攻撃的な方がいらしたので、
雷鳴が轟く前にと思い、だーっと書き連ねてるのでまとまってないですが……
間に合ったかなあ……


断片集、読んで投票して下さいね。
真乃の「青のティーカップ」もくだらないけど、読んでみて下さいね。


相変わらず、真乃も偉そうですが、
どうぞよろしくお願い致します。



※この記事でそもそも真乃が誤解していることや、不快な思いをした方がおりましたら、ご指摘くださればと思います。(記事を削除とかはしないと思いますけれども……)
categoryどうしようもない日記

文学フリマ非公式ガイドブック第4版に思うこと&CRUNCH MAGAZINE INDEPENDENT

trackback0  comment0
すでにご存知の方も多いかと思いますが、
文学フリマ非公式ガイドブックが第4版から生まれ変わります!

楽しみですね~
今回から、真乃は編集者から外れますです。
ちょっとほっとしております。

最高責任編集者が佐藤氏(@佐藤/@0tas)から高村暦氏(@rg/@takamurakoyomi)へ変わり、
責任編集者も変わりました。

ちょびっとだけ、真乃はお話をお聞きしたのですけれど、
高村氏の意気込みは、その真面目なご性格があったとしても、ビシビシと伝わってくるものでございました。
既に色々とご意見があがってきておりますが、真乃は「ふふふ、今に見ておれ」とか思ってます。
言っておきたいことは、高村氏がそういう意見があったからそうしたという考え方の持ち主ではないということ。
きっとこれから見えてくるものがあると、真乃は思っておりますが、
それはすべて、高村氏が以前より考えていたことということ。


良くなるのか、同じくらいのものなのか。評価は、読んだひとに委ねられるのだと思いますが。
他にも色々お楽しみな企画がありそうです。
真乃も非常に楽しみです。


真乃は、第4版に真乃が思う面白い本を今回は推薦しておりません。
求められてもなかったのですけれど、真乃は推薦するべき本と今回は出逢わなかったのでした。
(一度推薦した(された)作家さんの本は推薦しないようにと思ってます)
あったら、今頃高村氏に頭を下げて検討のお願いしていることだろうと思うです。


ガイドブックの存在というのは、創作文芸同人界の売上アップのためではなく。
文学フリマに訪れたひとをがっかりさせないためのガイド。
面白い本があるということを知ってもらうためのガイド。


でも、求めてるものって、ひとそれぞれなんですよね。
(えっと、面白さの種類的なこと)

でもでも、文フリに来るひとって、きっと、すっごい本好きとか、
商業では足りなくなったようなマニアっぽいひとなんじゃって思うのです。

そう考えた時、高村暦氏や牟礼鯨氏(@西瓜鯨油社/@murekujira)、山本清風氏(@文学結社猫/@ankipan)のみなさんは、そういった方々と限りなく近いのではないか、と真乃は思うんです。

そんな彼女、彼らの選んだものを真乃は読んでみたいと思います。
どこがどんな風に面白いのか、そうゆうことが分かれば、これからの創作にも何かしらの良い影響があると思うのです。
とゆうか、面白いかもしれない本を見逃すというのは、ありえないでしょう。



そうゆうのを求めていないってひとは、このブログの感想を参考にしてもらっていいです。
はい。是非。
(ガイドにも言えることですが……文フリの本全部読んだわけではないのですけれど)


もし、気になった本があれば、買って読んでもらいたいです。
(最近、感想がテキトーでアレなんですけれども……)

もっとも、真乃の一押しの本は第3版で推薦してるんで、ここに感想を上げてないのですけれど……
(第2版で推薦している本ももちろんおススメなのです!)


ガイドブックの編集者やってて嬉しかったのは、
真乃が推薦した本を面白いって言ってくれた方がいること。
その本の感想がwebに上げられたこと。
文学フリマ非公式ガイドブックに関われて、良かったです。
どんな形であれ、関わってゆけたらと思います。
(買うとか、読むとか、宣伝するとか、もっと色々含めて)


文学フリマに行けば、面白い本が手に入るんだって、
世の中の本好きなひとに広まっていけばいいなあ。



文学フリマ(11/4(日)開催@東京流通センター)
http://bunfree.net/

文学フリマ非公式ガイドブック
http://bunfreeug.web.fc2.com/



さてさて。

文学フリマを盛り上げようと試みるのは文フリガイドだけではありません。

作家、今村友紀氏(@imamura_tomoki)が運営する
「CRUNCH MAGAZINE INDEPENDENT」は
すべての読み手と書き手のための作品紹介&レビューコミュニティサイトとのこと。

CRUNCH MAGAZINE INDEPENDENT
http://i.crunchers.jp/

文学フリマクラスタの方も登録しております。
真乃も今をときめく華の作家、渋澤怜氏(@RayShibusawa)にご紹介頂きまして試運転時より登録しております。
(まだ、中途半端な状態ではありますが……)
真乃のページも見てやって下さいな。
http://i.crunchers.jp/i/data/user/21

こちらは、サークル単位ではなく作家単位なので、作家さんの姿が見えやすいかもしれません。

もっとも、真乃ごときではあっという間に埋もれてしまうのかもしれませんが。
まとめるには便利なツールになるのではないかなと思います。
何より、自分をプロデュースするのに最適なサイトだと思います。

文フリクラスタでなくても、登録してみてはいかがでしょうか。


自分をプロデュース。
悩ましい課題だと思います。真乃ごときがって思うのですけれど、ちょっとずつでも、前向きにアピールしていけたらなと思います。
手始めに、Twitterのプロフィールから「下手くそな」改め「お説教くさい」小説書きと変えておきました。
(つっこまないように)



真乃だって、創作文芸同人界隈が盛り上がればいいなって思うけれど、
私には、大きな力はないから。出来ることをやっていけたらと思います。



categoryどうしようもない日記

近況。夢をみたです。

trackback0  comment0

ほんとにどうでもよくてすみません……uu

夢を見たんです。
とっても分かりやすい、登山する夢なのね。

行事か何かで山を登っているというか、途中まで来てて、ちょっと休憩して、また登り始めるぞーってところから夢のスタートなのです。
が、真乃と友人が最後の出発者になっていて、引率者何人かが、真乃たちの出発を待っているの。
真乃の出発が遅れているのは、まあ、普段でもあることなのだけど……荷物の整理をしているから……

引率の人は
「手袋をした方がいい」とか色々アドバイスをしてくれて、
真乃はそれに応えるだけのものを持っているのね。
友人は持っていないのだけど……
この友人は、とっくに準備が終わっているのだけど、真乃のことを待ってくれているという、
非常に優しい、ありがたいひと。(でも誰なのか分からない。女性だった)


そして、引率者のひとが、バスの運転手さんなのか、旅行会社のひとなのか分からないけど、
電話をしていて、その内容が、
登山が終わってバスに乗り込んだ後の到着地の変更の連絡というもので。
それが、元々はどこに到着するのか分からなかったのだけど、
元々→東京(のどこか)→幕張になるってものだったのね。
んで、真乃が「千葉じゃん!」って嘆いているの。
でも、それすらも、ちょっと楽しいような感じで。
(真乃は東京の郊外に住んでいるので、千葉到着だと自宅まで遠くなるのです)

山は霞がかかっていて、明らかに予定時間も押しているし、
どうなるか分からない状態なんだけど、山登りは続行するのね。

んで、真乃の荷物整理も終わるのだけど……
大量の不要なもの……とゆうか、ゴミを持っているのですよ。
大量の白い箱(お土産のお菓子が入っていたようなもの)が白いビニール袋に入ってるの。
片手がふさがるっていうのは、登山には向いていなくて……

でも、それでも、真乃は山を登ろうと立ち上がって行くぞってところで、目が覚めた。



面白いなって、思った。

山が暗示するものは「目標」とか「克服したいもの」だとか。

団体での登山は、みんなで目標に向かってるってこと。

例えば、この「目標」が「面白い小説を書くこと」だったらどうだろう。

みんなはもう、真乃を置いてその目標に向かっているのだけど、真乃は出遅れている。
到着地点がより遠くなるのは、みんなの目標がより面白いものへの挑戦の証。
引率者や友人がいるっていうのは、見守ってくれてるひとがいるってこと。
真乃が手袋をもっていたのは、登るために必要なものを持っているってこと。
真乃がゴミをもっているのは……まあ、あれだ。分かってますとも。
山に霞がかかっているのは、その手段が明確ではないこと。


自分は何になりたいのか、何を書きたいのか悩んでいたのですよ。
色々あってね。
この道、と決めたはずだったのに、また迷ってる。


迷っていたのだけど、ある本を読んで、
あ、やっぱりこの道を進もうって思うことができました。

選べる道があるっていうのは、良いことなんだと思う。
でも、迷うと、進めない。


私はいつだって自信なんてなくて、でも「よかった」って言ってもらえるような小説が書きたい。


たったそれだけなのに、ぐるぐるしてしまう。
またきっと迷うんだろう。

それでも、まあ、ちょっとずつでも登っていけたらいいかなあ。

きっと、夢は、みんな登ってるんだってことを教えてくれたのだと思うです。


ちょっと元気が出た、そんな夢でした。



categoryどうしようもない日記

真乃のプロットとか、小説の書き方とか。

trackback0  comment0


小説の書き方って、みんなそれぞれ違うと思うんですよね。
そこは、あまり思考錯誤しなかったりすると思うんですよ。

真乃が小説を書く上で学んだのは、2作以上を同時進行しない、ということでした。

同時進行、真乃は向いていなかったようです。


ネタをあれこれ考えて、
あーゆうの書きたい、とかで作る時もあるし、
普段の妄想から作る時もある。

その中から使えるものを拾ってきて、
イベントのスケジュールを見ながら、書くものを決める。

ちなみに、真乃のネタ帳はPCのテキストファイル。


小説はテキストで書きます。横書きですね。あとでワードにコピペです。

まず、登場人物を書き出して、簡単な設定とか、
役割なんかをメモします。

んで、何も考えずに、頭から本文を書いてゆきます。

簡単なプロットがある場合もありますが、
どれくらい簡単かというと、10行くらいです。

本文を書いていて、つまってきたら、
もうちょっとプロットを書き加えてゆきます。
それでも20行くらい……

おもいついたセリフなんかもメモします。
途中で資料を探したりして、
そのメモもコピペしたりします。

んで、また書き進めて、また詰まったら、細かくプロットを書いてゆきます。
主人公をどう動かすかとかを考えながらですね。

どれくらい細かいかというと、
ひとつの区切り(章ではない)で、10行~20行くらいですかね。
……それほど細かくないですね……


つまり、本文を書きながらプロットを書いてるような、
行き当たりばったりな書き方をしているわけです。

プロット通りに主人公が動いてくれないこともあるので、
書きなおしたりもあります。


さて、何をこの記事でお伝えしたかったかと言いますと……


自分は基本、あまり悩みません。
2択くらいでしょうかね。
フローチャートと同じです。

主人公は何かしら選択をしながら、その都度考えて、成長していく。

だから、主人公はけっこう大事で。
主人公がネガティブなら、お話もネガティブになる。

キャラクタの視点を変えるだけで、全然違うお話になるし、
テーマも変わってくる。

自分は何を書きたいのか、選べるのは書く人間だけ。


だから、プロット勉強会で色んな案が出たかもしれないけれど、
答えっていうのは、本当は作者の中にしかない。

まわりが言えるのは、ここはどうなってるの?とか、
そういう理詰めの部分であって、
あとは、好き、嫌いかなと。
好き嫌いというのは、どちらかといえばこうゆうお話が好きとか、
このキャラクターの話が読んでみたいとか、そうゆうこと。

どうしたら、読者に作者の書きたいことをよりわかりやすく伝えられるか、
ということが重要なのね。

だから、道からそれてしまってはいけない。

こっちも書きたいけど、あっちも書きたい!
どっちがいいと思う? っていうのは、有り。
もしくは、どうやったら、両方書けるかな?っていう感じ。


そこにさらに、じゃあ、読者は誰よ、ってことにもなってくる。
(真乃はあんまり考えないけど……)

もし真乃がお勉強会にプロットを出して、多くの方からこうした方がいいよっていう案を頂けたとしても、

うーん、それは、真乃の書きたいことと道が違っちゃうんだよなーで却下になることもあるってこと。


主人公の歩く道が、遠回りになるのは良いと思う。
この道じゃあ、ちょっと説得力ないよねってことになったら、道を増やす。
その道を一緒に考えて頂けたら、それはきっとすごく嬉しい。


視点を誰にするか、主人公を誰にするか、というのは重要なのだなあと
改めて思いました……

真乃には視点をころころ変えている作品があるので、
もっとよく考えなくてはいかんね……と反省しました。


もし、小説を書いていて、悩んだら、そんなことを考えればいいのかなって思います。

何を書きたいのか、伝えたいのか。
そのためにに主人公を誰にするのか、どう動かすのか。


基本なのかもしれないけれど。

ついつい、雰囲気とか、書きやすさに走ってしまう真乃だから……


この小説はいったい何が書きたかったんだ!???って思われないような小説を書こうね、自分。


categoryどうしようもない日記

またしても感想をもらってしまいましたよ!

trackback0  comment0
宣伝をしないサークルはやる気がないと雲上回廊の秋山真琴氏(@unjyoukairou)が5/27にツイートしてらして。

あんまし宣伝していないうちはダメだなあと。

やる気がないわけじゃあないのですけれど、TLを汚してしまうのが悩みどころ。
案外、誰も気にしてないのかもしれませんけれどね。

でも色々とweb上の管理ができていないのは、事実……

本当に、もっともなことをおっしゃっておられるので、ちょっとさかのぼってみて下さいませ。

このサークルさんはもっと宣伝するべし!
とか、ひとさまのことはすごく気になるんですけれどねえ。


ので、まあ、宣伝も兼ねまして、頂いた感想記事をまた紹介&自慢してしまおうと。
えへへ。うふふ。


サークル「サイレントウォーター」の大蚊里伊織(おがさといおり)氏から
「あるどろぼうのものがたり」の感想を頂きました。
Twitterでも頂いていたのですが、ブログでもありがたい感想を頂いておりました。
ありがたや。


大蚊里伊織(おがさといおり)氏のブログ(@ogasatoiori

サイレントウォーターブログ
http://ogasato.3rin.net/

自分は、本を買えなかったので、非常に残念でありました。
次こそは、買いに行くです。
妖怪は詳しくないですが、怪奇、怪異ものは大好きですし。

こつこつと小説を書いているという姿勢もすごく尊敬致します。
(平気でひと月とかふた月とか書かない真乃……)


そして、またしても水穏さん(@n0ppe)から「ホテル惺明館のお客様」の感想を頂きましたです。

をとめ式
http://the0end02.blog19.fc2.com/


水穏さんは辛口な感想も書いていらっしゃるお方なので、嬉しいです。
勉強になります。

そして、はいりさん(@phantom_f61)には、#この本が好き2012創作文芸 タグで好きな本として「ホテル」をあげて頂いておりました。

はいりさんコメント


ホテルはー…最初と最後で文体が変化してるのが、うーんって後から気がついたり、変換ミスもあったりと、完成度が低めな本なのですが、
中身をみてもらえて、嬉しいです。

そうなんです。
真乃の本は、どっかしら変換ミスってるし、文法も間違えてる時あるし、
技術的に安定していないのですが……
中身を読み取ってもらえるのは、本当にうれしいです。
もちろん、中身で批判的な声を頂くこともあるのですが……
(素直に受け止められない真乃……)

捨てたもんじゃないぞ、おれの本、とか思ってその言葉にすがりついております。
どうもありがとうございますっ


うちの本は万人受けするような本でもなければ、奇抜でも異色でもないのですが、
えっと、お説教がお好きな方は是非、イベントにてご確認下さいませ。
あるどろは配布終了しておりますが、Pixivと小説家になろうで読めまする。


「あるどろぼうのものがたり」
Pixiv
小説家になろう

どろぼうが罪を犯しても裁かれない国へいくお話。
真乃の理想郷を描いた、童話風の短いお話になっております。
(無料配布終了のため、全文公開中)


ホテル惺明館のお客様(冒頭のみ試読できまする)
創作文芸見本誌会場 HappyReading さま
http://books.doncha.net/happy-reading/
小説家になろう

高級ホテル惺明館に不思議なお客が来て、あらゆるお願いをオーナーにしていく物語。
そのお願いをきいているうちに、ホテルが変わってゆきます。


読んで頂かないと評価も頂けない。
確かに、もっともなこと。
下手だろうが、なんだろうが、評価してもらわなくては、なかなか上手くもならない。
そうゆうことなのですね。


一応、次のイベント参加はTAT-HONを予定しております。

TAT-HON
2013/10/6(日)11:00~15:00
http://tat-con.upper.jp/hon

どうぞよろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。