category感想

HONKY-TONK 三日月理音さん著『微睡する自律演算装置』『猟犬の残効』感想です

trackback0  comment0
内輪といったら、内輪なのかもしれない。
でも、三日月理音さん(@Lio_Mikazuki)の本を読むのは初めてでした。

HONKY-TONK
http://uxorimperatoria.blog54.fc2.com/


■「微睡する自律演算装置」
Pixiv試読版
創作文芸見本誌会場Happy Eeading

デシミシュに住まう代筆屋のロレンはある日、あかがね色の不思議な正方形(クアドラ)を手にする。正方形から忘却の名を冠する少女が現れたとき、ロレンは目にしてはならないデシミシュの真実を見る。(創作文芸見本誌会場Happy Eeadingさんより転載)


出てくる名詞から、設定の細かさを伺い知ることが容易にできて、
これはもうファンタジーの中のファンタジーなのだろうと思ったらどっこい。
みたいなお話でした。
途中で、タイトルを見返して、あ、そうね、そうねえと思いました。
三日月さんが何を書きたいのか、訴えたいのか、わずかに伝わってくるお話でした。
短いから、書かなかったのかなという感じ。
この装置は、次は誰の、どんなひとの手に渡るのか。
もうあと2作は作れるのではないかなと。
とっても読みたいです。
(長編となって帰って来るかもなので、その日を待ってます)


■「猟犬の残効」
Pixiv試読版
創作文芸見本誌会場Happy Eeading

2022年、ニューヨーク。フリージャーナリストのダイアン・デイは元夫・ギルバート・ブラッカイマーと共に奇妙な集団失踪事件に遭遇する。犯人は誰か。何故事件を引き起こしたのか。すべてが謎のまま、事件はダイアン、ギルバート、養女・ジャンナの過去を白日の下に晒す。そして錯綜する事件は三人の手を離れていき…… 社会派×ハードボイルド(Pixivより転載です)

プロット勉強会で提出されたプロットの、完成した小説。
ということで、すごく楽しみにしておりました。

すっごい硬くてとっつきにくそう、というのがプロット会での印象でした。
すみません。(社会派が不得意な真乃だから…)
でも、すっごく読みやすいですし、するする読めてしまう。読ます力がすごいです。
頭が悪い真乃でも大丈夫です。とゆうか、とっても勉強になりました。

この前、三日月さんは影響を与えた作品に「カウボーイ・ビバップ」をあげておられて。
わたくしもとても好きな作品ですが、
なるほど。ハードボイルド。
女版ビバップという感じで、映像が浮かんでくるようでした。浮かんでました。
カッコいいです。
(真乃がみていない他の作品もあげていらしたので、他の作品の色ももしかしたらあるかもです)

最後も良かった。
最後までカッコよかったです。

三日月さんの伝えたいことが、こちらではビシバシ伝わってきました。
(そのあたりが社会派ですね)

事件とあるとおり、ミステリーな要素もあって、とても楽しめました。
はらはらドキドキ系です。

4章から字間がつまって読みにくいとの感想もありましたが……
真乃はまったく気がつかずに読んでおりました。
夢中になってたのですね。

硬そうなのはちょっと…って思うひとが確かにいるかもしれない。
真乃も思ったのですから。
でも、きっと、それで買い逃したひとは後悔すると思います。
硬そうというのは、思い込みです。
易しいお話ではないけれど。笑えるお話でもないですけれど。
好き嫌いはあるかもしれませんけれど、読み手を選ぶような小説ではないと、真乃は思います。


そうそう。
真乃は三日月さんと直接お話をする機会があまりなくて、どんな方なのかはちょっとしか知らないのですけれど。
三日月さんが主人公のダイアンなら、彼女と同じ行動をとったのではないかと思いました。
それほどの、強い意志を感じたのでありました。
内に秘めた熱さが、届いてくるようでした。


Stray Catさんにも素晴らしいレビューがあがってますので、ご参考に!
レビュワー:青波零也さん
レビュワー:浮草堂美奈さん


スポンサーサイト
 









        
 
http://naturalmaker.blog.fc2.com/tb.php/71-cd4f72e0