categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category感想

【感想】佐藤亜希子著(@鹿ソウル)「春日山怪奇幻想譚」

trackback0  comment0
第15回文学フリマにてサークル「鹿ソウル」で入手したもの。
遅っって感じで申し訳ない。

感想のデータ、消し飛んだのでね……
他にも、あるのだけど、もうどうしましょうかね。

書き直したのは、鹿ソウルさんがコミティア104に参加するからです!

超文フリに行けなかった真乃は、やっとその新刊を入手することができるというわけで。

先に、前々回の文学フリマで入手した本の感想を書くのです。



「春日山怪奇幻想譚」

なんでも、神代幻夜なる作家の「春日山怪奇幻想譚」なる本の抜粋であるとか。
奈良県を舞台にした怪奇小説であります。

怖いです。

ぐちゃ……ぐちゃり……
の擬音だけでもうっ
胃の腑からせりあがってくるものがあるですっ

怖かったです。

少々、一文が長いので、読みにくさを感じるのでありますが、
佐藤亜希子氏の原点が伺えたようなものでありました。


しかし、女の幽霊とは、なぜに白いワンピースに長い黒髪なのでしょう。
そういう女性が、未練を残す幽霊となりやすいのでしょうかねえ。
これは、日本だけではなく、世界に共通するものであります。


死者の魂は、独りでは逝かないというので、
日本には友引を避けますが、友引でなくても、棺にはぬいぐるみなどを入れるのがよろしいのでしょうねえ。
だから、独りで迷っている魂は、寂しくて、誘うのかもしれません。

いやあ。
やはり、好きです。怪奇小説!!

良いものを読ませて頂きました。



「ちょっとしたおねがい」

佐藤氏(@shikasouls2)の短編であります。
読みやすくて、ああ、これがあんこさん(佐藤亜希子氏のハンドルネーム)の文体であると、すぐに思い出させてくれます。

このね、ちょっと面白い口語体の文章が本当に惹かれるんです。

だから、いっつも、
これ、フィクションよね???

と読み終わると思ってしまうのです。

相変わらず、主人公はあんこさん本人であります。


もし、幻聴がきこえたら……

それは、本当に幻聴なのか。


…………後からじわりときます。

やべえ。
幻聴が聞こえたら、どうしよう……

もっとも、真乃も零感ではあるのですが。




佐藤亜希子氏のサークル「鹿ソウル」は
コミティア104「ほ43a」であります。


是非是非、お手に取って下さいませ。
恐怖を、共有いたしましょう……



当ブログの鹿ソウルさん特集も合わせてどうぞです……
http://naturalmaker.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
スポンサーサイト
 









        
 
http://naturalmaker.blog.fc2.com/tb.php/49-d6a2e41a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。