categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryどうしようもない日記

京都観光へ行ってまいりました。旅レポです。

trackback0  comment0
4/12(金)の早朝に真乃は一人旅に出ました。
行き先は京都であります。

かねてより、行きたいと思っておりました。
が、なかなか思い切ることができず……
しがない派遣ですからね。

今回は「第16回文学フリマin大阪」に参加するついで、という名目での旅でした。


新横浜から新幹線のぞみに乗車。
窓側の席をJTBのおねいさんがとってくれたので、
車窓からの風景を楽しむことができました。

京都に着いたのは9:00ちょいすぎくらい。

なんか、散々迷いながら荷物をコインロッカーに預け、
やはり迷いながらバス停にたどり着き、
そう、バスで「伏見稲荷大社」へゆきました。

伏見稲荷大社
http://inari.jp/

「伏見稲荷大社」はJR東海のCMでお馴染みの「千本鳥居」という朱い鳥居のトンネルがあるお社です。

しかし、これが、登山。
やはり、迷ってしまった真乃は、スマホのGPS機能がなければ、永遠と彷徨っていたことでしょう。
(観念してスマホのナビを見たのはだいぶ後になってから。
したら、もう伏見稲荷大社の敷地から出ておりましたよ……)

なんか、初っ端から、疲れ果てました。
途中に、名刺が刺しまくってある簾のあるお社がありまして、
真乃の名刺もぶっさしてお参りしてきました。
よく分からないまま……
文フリで本がちょっとでも売れますようにと……

というか、自分は四ツ辻から下ったはず。
疲れたから、もう登れん、下ると。
けれど、後で調べたら、名刺をぶっさしたのは、一ノ峰という、てっぺんのお社だったことが判明……
……これは一体……お稲荷様のお導きだったのでしょうか。
迷った時は、化かされていると、思ってました。
すみません……

後日の文学フリマにて、多少なりとも売上があったのは、
お参り効果かもしれません。ありがたや。

可愛いお守りとご朱印を頂きまして、伏見稲荷大社を後にします。

京阪本線に乗り、出町柳へ。
そこから徒歩で「下鴨神社」へ

下鴨神社
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

目的は、もうお分かりかと思われますが……
歩いて歩いて歩いて。
お参りをして、ご朱印を頂き、出たところで、
摂社の河合神社でもお参りをして、ご朱印を頂きました。

河合神社は絵馬が変わっていて有名なんですが、
真乃は、絵馬による祈願はどこのお社でもしなかったです。

すでにくたくたの真乃、次はまた京阪で出町柳から祇園四条へ。
そこから八坂神社へお参り。

さすがに、迷いはしませんでしたが……

そして、安井金毘羅宮へ。
おびただしい札が碑に貼り付けてある縁切り、縁結びで有名なところでございます。
そんなにひとが多くなかったので、真乃もくぐってまいりました。
でも、お札に自分の名前を書くのをすっかり忘れてきてしまった真乃。
やはし、どこか抜けております。

八坂神社
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/

安井金毘羅宮
http://www.yasui-konpiragu.or.jp/

花見小路を通って、次は辰巳大明神へ。
ここは、ちっさなお社ですが、技芸上達を願うと良いとのこと。
ちょっとでも、真乃の文章力が上がりますようにと。
お願いして参りました。

辰巳大明神
http://kaiyu.omiki.com/tatumi/tatumi.html

この日はお参りは終了。

「ひさご」でちょっと早い夕食に。
http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26001942/

というか、もう休みたかった……

注文するは、親子丼であります。
真乃の好物ですから。

山椒の香りがすごくて。美味しくて。

ただ、店内空いていたのですが、真乃の通された席は、思いっきり西陽があたって、まぶしかったです……


そうそう。
自撮りの写真がないのは、あまし神社で写真を撮るのは良くないので、
(撮る時は、撮らせて下さいと念じてからにしましょう)
取ってません。

ひさごの親子丼の写真を取らなかったのは、
ナビの使い過ぎによる、バッテリー切れのせいです……

そんなに長居もできないので、ホテルへ行くことに。

京都駅で再び迷い、なんとか、荷物を回収して、大津へ。

疲れ果てて、判断力がもうおかしかったんですかねー
大津でもうろうろ……
出口が二つあったとは……
もう考えるのも嫌だったので、ティッシュ配ってるおねいさんに道を尋ねました。
おねいさん、ご親切にどうもありがとうございます。


初日のお天気は、なんか、ずっとお天気雨が降ってましたね。
傘はなくても大丈夫だったのですが……
そして、寒くって。
真乃は春なのに、ほっかいろを貼ってました。
ほっかいろ、助かったですよ。


ホテルは、普通のビジネスホテルであります。
ばたんきゅーな感じでしたが……
荷物を整理したり、顔洗ったり、はあみがいたり、なんだかんだで、
寝たのは次の日でしたね。


そして、翌日……
緊急地震速報が……

あ、でも、そんなに揺れてない。
と二度寝。30分後に起きて、TVをつけたら……大変なことに……

すぐに、大阪の友人にメールを送り、無事を確認。

身支度をして、予定通りの時間にチェックアウトしたのですが……
電車が来ない。寒い。

本当は、最初に西大路駅から徒歩15分の「吉祥院天満宮」へ行きたかったのね。
でも、朝は無理っぽいので、午後の電車が復活する頃にしようと思い、
予定を変更。
というか、この時点で、すでに予定が押してました。

バスで晴明神社へ

晴明神社
http://www.seimeijinja.jp/

陰陽師、安倍晴明の晴明神社でございます。

五芒星のお守りが欲しかったのね。
あと、ご神木にたっちしてきました。
(さわってもいいよって言ってる神社でしか、ご神木にはさわってはいけませんので、ご注意を。晴明神社のご神木には触れられます)

零感のわたくしは、パワーを感じた気持ちになるだけですが……

オカルト(と言っては失礼なのですが……)好きなわたくしにとっては、
ここは欠かせないスポットでございました。

そして、次は、北野天満宮へ。

北野天満宮
http://kitanotenmangu.or.jp/

修学旅行でもお参りしました。
また、来てみたいところでしたので、嬉しかったです。
というか、まったく記憶に残ってなくて、こんなだったけ?という感じで、
新鮮でした……

そして、疲労が残っておりましたため、既に、歩幅がせばまってきた真乃ですが……

今宮神社へ
http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/03/019/

上賀茂神社へ行く途中の神社でございます。
玉の輿に乗れますようにと祈願(笑)

月読尊(つきよみのみこと)を祀っている、月読社が珍しくて。

こちらでは結婚式、やってましたー
いいですわね。

お参りをして、ご朱印をもらって、

上賀茂神社へ。
こちらは、13:00から奉納舞を見られるということで、
なんとしても、この時間に間に合うように行きたかったのです。
だから、吉祥院天満宮は後回しにしたのです。

上賀茂神社
http://www.kamigamojinja.jp/

能は初めて見ました。
はっきり言って、教養のない真乃にとっては、何を舞っているのか、よく分かりはしなかったのですが、
その舞手の、重い衣装を着ての、ゆっくりとした動き、存在感、足捌きがすごかったです。
雅楽の音も、平安時代からあったものだと思うと、なんて浪漫なのかと、
感動致しました。

良いものを見させて頂きました。

枝垂桜(斎王桜)も見事でした。


さて。
バスで京都駅へ戻りまして。
京都線で西大路駅へ移動します。
電車は、まだ遅れておりました。待ちました。

西大路駅から徒歩で吉祥院天満宮へ。
京都駅からバスも出てますが、1時間に1本しかありません。

吉祥院天満宮
http://www.kyoto-16sha.jp/j_kissyouin.html

写真を見ると、お馬さんがあるのが分かるかと思いますが、
行ってみたら、隣にキティちゃんが置いてありました(笑)

ここのお守りは、とっても可愛いです。
キャラクターが。干支守りとか。

いやしかし、参拝客は自分以外は誰も……

社務所にはインターホンがありますので、押しましょう。

ご朱印を頂いて、吉祥院天満宮を後にします。

えー…
本当は貴船神社に行きたかったのを、体力的、時間的にも無理とみて、諦めたので、まだちょっと時間がありました。
体力は、限界でしたが……

なんとかバスを、と思ったのですが……
ダメでした。

徒歩で東寺まで移動します。

その途中、あ、愛宕さんだわーなんて見てたら、奥の公園に石碑が。
こ、これはもしや、羅城門跡

偶然でございました。
近づくと、やはり、石碑には「羅城門遺址」の文字が刻まれておりました。

羅城門遺址
http://www.kyoto-np.co.jp/info/sightseeing/michibata/080219.html

写真を撮ります。
近所の小学生と思しき女子が、色々と質問を私に。
でっかさを伝えたかったのですが……難しいものです。
そのうち、お勉強するですよ。
その時に、あの、石碑の意味を知るでしょう。

さて、東寺へ。
歩き疲れました……一駅分ですからね。

東寺
http://www.toji.or.jp/

密教総本山のお寺です。
密教とはあれですよ。
「オンキリキリバサラウンハッタ」とか「オンバタレイヤソワカ」とかですよ。(でたらめです)

本当は五重の塔をじっくりと見たかったのですが……
閉門ギリギリでしたため、入れず……
(拝観受付は17:00まででございますー。季節によって時間が変わります)

十一面観音菩薩と曼荼羅と四天王像を拝見致しました。

仏教はあまり詳しくはないのですが……
ご朱印を頂きます。

頂くと、すでに閉門時間……
東寺を後にして、京都駅へ。

これで、京都観光は終わりました。

また、京都は行きたいですね。
清水寺すら、行ってないんですよ。
(いや、仏様より、神様の方が分かりやすいんで……そのね……)
そして、次こそ、貴船へ。


京都は……1日3ヶ所くらい回るのがいいかもね、と思いました。
お料理も堪能したかった。

京都に、住みたい……

今回は徒歩移動が多くて、さらにひとり旅だったのもあって、
真乃はすっかり、京都人になりきって歩いてました。
住宅街も歩いたりしていると、本当に神社やお寺が、溶け込むようにあって、地元の方もお参りに来てらしたりで、身近な存在なのだと感じました。
まあ、きっと金閣寺とかになると違うのでしょうけれど。


そうそう。
エスカレーターは関西では左側が歩く方と聞いておりましたが、
それを知らない観光客の方が多くて、東京と同じでした。

あと、関西の方は、自転車のベルを鳴らしまくります。
これは、自転車が通るよーという合図であり、
邪魔だどけ!というものではないと、友人から教わりました。
誰もいなくても、曲がり角では鳴らすそうです。
なので、不快に思わないように。
(むしろ、面白かったです)

今度はバスを降りる時に「おおきに」って言って降りてみようかな。
などと、すぐにこいつ関西人じゃないなって見破られそうな振る舞いをしてみたい真乃です。

スポンサーサイト
 









        
 
http://naturalmaker.blog.fc2.com/tb.php/41-6b4f47fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。