categoryイベントとか

TAT-HON 7 参加報告

trackback0  comment0
1/13(日)浜松町館にて開催されましたTAT-HON7に参加して参りました。

TAT-HONは久しぶりの参加でした。
参加しようって思ったのは、文学フリマで知っているサークルさんが多く参加していたから。

でも、小さいイベントなので、搬入は少な目にしての参加。


けっこうギリギリに到着。
すみません……

主催のテツイヌさんに「Natural makerさん久しぶりですねー」と声をかけられ、
嬉しくなりました。

お隣、下町飲酒会 駄文支部の日野さまより、お菓子を頂き、めっさ舞い上がりました。
鳥久保咲人さまにソフトなクッキーを頂き、さらに舞い上がりましたっ


そして、rgの高村さまに落書き用の紙を貰うなど!!!
(持ってこようと思って忘れたのでした。そのつぶやきをご覧になった高村さんがスペースまで持ってき
てくれたのです。恐れ多いことです)

なんか、もうそわそわしてました。

すぐに買い物に出かけたかった。

お目当ては高村さんの「手紙」と「本?」と、ぷいぷい工房さんのアクセでした。
無事ゲットできまして幸せ。

高村さんの「手紙」はもう、本当に、こういうの好きなんですよね。
いくらでも欲しい。

欲しいものがいっぱいあったのですが、細かいお金がなくなってしまったので、断念したものも。
石に切り絵が貼ってあったペーパーウェイトも欲しかったなー

鯨さんは相変わらずで。
買い物から戻ったら椅子に欲しかった本が置いてあって驚きました。
最近はわたくしのちっささが話のタネであります。
そして、今回も愛車で来られたそう。
以上、鯨さん情報でした。


さて、うちの成果はといいますと。
閃きのストラップ(100円)が3個とも完売。
ブックマーカーは5個くらい。

……相変わらず、カウントはあいまいであります……

「欲しい言葉」が2冊くらい。
「どうして」が3冊くらい。
「彼の指さすもの」が5冊くらい。
「ホテル惺明館のお客様」が3冊くらい。
復活の無料配布本「あるどろぼうのものがたり」が6冊くらい。
最新刊の「お菓子をもとめて三千里」がすべてなくなりまして、8冊。

……コミケより売れてます……

TAT-HONはサークル参加者の方もよく買って下さいますので、嬉しくなってしまいます。

ちなみに、お買い物券は
アクセのが6枚、本のが2枚でしたー
100円の本とかアクセ類は出展してるサークルさんが少なかったので、こんな感じだったのでしょうね。
TAT-HONさまさまです。

どうもありがとうございました!

TAT-HON、次ものんびり参加したいです。
どんどん、盛り上がるといいなって思います。
でも、ずっと、こんな風にのんびり、まったりしたイベントであってほしいとも思います。


同人活動をして何年くらいですか?

という質問を一般参加者の方がら受けました。
こういう質問を受けるのは初めてではありません。
(きっと、コピー本ばっかりだから、初心者だって思うのかしら??
意外とベテランですみません……中身は初心者級ですけれどね)

……何年だ??

6年と2ヶ月って感じでした。7年目の割には成長してない私……

創作自体は十年以上やってますが。サークルとして活動を始めたのはそんな感じ。

5~6年です、とお答えしましたら、
「僕もサークルとして活動をしたい。でも、勇気がない」
そのようなことをおっしゃっておりました。

どういうことなのか

きっと、不安があるのでしょう。
「売れなかったらどうしよう(悲しい)」
といったことだと思います。


……私は、変な自信があったんでしょうね(笑)
そういった不安はあまり……
もっとも、二次創作での売り子経験も6年くらいあったからかもしれませんけれど。


初参加はコミティアでしたが、ちょっとは売れたんですよね。
いつもの100円コピー本とかだったのですけれど。
長編の1巻目とかしか出てなかったのだけど。

ここで売れなかったーってなってたら、もう次は参加してなかったかも。

でも、長編の1巻しか出さないでやめるとかはできなかったかも。
書きたいから書いているのであって、売りたいから書いているのではない。
書きたいものを書いたから、ついでに売っているような感じ。

さらに、コミケとかに参加しちゃって、
「4巻まで持ってます」とか言われた日にはもう舞い上がって、調子にも乗るというもの。

TAT-HONの参加はそんな、長編の3巻が出たところで最初の第1回に参加したのでした。

私は「誰でもできますよ」とお答えしました。


だって、こんな私が参加しているのですから。
コピー本なら作れる。
ちなみに、最初の本の表紙なんて文字だけでしたよ。
長編の続きものでしたよ。

サークルとして同人活動をする目的をよく考えるとよいかもしれません。

だいたいにして、私がサークル参加したのって、締切がないといつまでたっても作品が出来上がらないからだったのですよ。

迷っている方は、是非、参加してもらいたいです。
そして、私に教えて下さい。

買いにいきますよ!

イベントは、楽しみましょう。

たとえ自分の本が売れなくても、他のひとの本が買えたらよいじゃないですか!
仲間ができたら楽しい。

何度か参加していると、たとえ自分が口下手だったとしても、慣れているひとがお隣さんだったら、
声をかけてくれるんですよ。
私はお隣さんの本はなるべく買うようにしています。
どんなものであれ、どんなお話を書いているのだろうという興味から、知るということは自分の勉強になります。
本当は、全部のサークルさんの本を買いたいですよ。
でも、お金が少ないから……
お隣さんは、よいきっかけになるのですよね。
(ま、端っこのスペースでお隣さんが欠席だった時は悲しいですが……)

私も、いったいどれだけお隣さんのお世話になったことか。

やっぱりちょっと不安っていう方は、うちで委託も可です。
一緒に参加しても可です。

どうぞ、ご相談下さい。
うちはコピー本ばっかりですから、敷居も低くなっておりますので。
コピー本の作り方だって、うちのテキトーな感じでよければご教授も致しましょう。
中身に不安があれば、口も出しましょう。(これが1番いらない)


サークル仲間、戦士としてお会いできる日を楽しみに待っております。


TAT-HON参加されたみなさま、お疲れ様でしたー
テツイヌさんにも感謝!

また参加します!
楽しかった~

コミケのレポと大違い……
イベントは規模じゃない!!
そう思ったTAT-HONでした。

次は、TAT-HON合わせの新刊が出ると良いなー



スポンサーサイト
 









        
 
http://naturalmaker.blog.fc2.com/tb.php/31-4e4e3287