categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryどうしようもない日記

わたし流 小説の書き方(文章編)

trackback0  comment0

文章編ですが、文章編しか書かないかもって思ってます……
初心者向けなので、文章うまいひとは鼻で笑ってやってください。

私の小説を読んだことのある方なら、ご存知でしょう。
私の文章がいかに稚拙かつ雑でど下手かということは。

こればっかりは、文才がないので、もう仕方ないとあきらめているのが私なんですけれども……

まあ、それでも、ど下手なりに気をつけていることを書こうかなと。

◆一文は短く。
こいつのせいで、かなり稚拙に見えるかなとは思うんです。
ですが、一文が短いと、文法を間違えにくいというのと……
(それでも文法間違える人間ですけれども)
読みやすいという効果があります。
あんまし、短く区切ると、単調な感じにもなってしまうので、まあ、余裕がある時は、気をつけてます。
一文が短いと、さらっ ぴゅっ っと読めてしまいます。
読みやすいってことなんですけれど、私はど下手なので、読ませる文章っていうのは書けないので、
読みやすくすることで、最後まで読ませようとしてます。
最後まで読んでもらえなくては、小説を書いた意味も半減してしまいますからね。

◆体言止めをあんまり使わない。
体言止め、便利なんですけどね。
こいつを多用してる文章は評価しません。下手だと認識します。
ここぞという時だけ、使うようにします。
なぜかというと、体言止めって最後まで書いてない文章ってことなんですよ。
最後まで表現する力がないと思われます。
ので、あまり使いません。
表現力なくてもっ 苦しくても、あんまし使いませんっ

◆三点リーダを多用しない。
私はこいつが大好きで仕方ありません。上みれば、もう3か所も使ってるじゃないですか。
こいつも体言止めと同じで、文章で表現してないとみなされます。
多用しないように気をつけてます。
ラノベなら、いいかなとは思いますけれど。
会話文の「……」は絶対使いません。
これはもう、だめだめです。表現方法としてももう、古って感じです。

◆難しい漢字は使わない。
なるべく漢字はひらくようにしてます。
中二病みたいにならないように。
ここのバランスは結構、難しいと思いますよ。
なんか難しい単語で漢字使ってるのに、三点リーダ乱用してたり、体言止め乱用してたりすると、あ、って思います。
あ、もったいないって。
上の二つ、重要なんですよ。
漢字とひらがなの比率は、3:7くらいが良いなと思ってます。
が、今のところ、2.5:7.5 くらいです。

◆会話文と地の文のバランスは3:7 に。
あんまり意識はしてないですけれど。
ラノベなら、もうちょっと会話文が多くてもいいかなと思いますし、
純文学なら、もうちょっと地の文が多い方がいいかなとか思います。
今んとこ、わたしは 2.5:7.5 です。またしても……
説明文が多いんですね……反省材料です。
ノベルチェッカーで調べられるので、参考に。

◆三人称で彼、彼女を多用しない
とかいいつつ、便利なので使うんですけれども……
あんまし使うと、誰やねんってなるので、あんまし使いません。
うざくても、名前書きます。
名前を書かない、つまり、主語を書かないという方法もあるのですが、ど下手には難しいので、素直に名前を書いてます。
くどいですが、名前(キャラ名)書いてます。


他にもありますけれど、実行できてませんね。
同じ言葉を同じページ内に使わないとかな!
語彙が少なすぎて、このあたりは、うなりながら目をつぶってます。
語彙力がある方が羨ましいですね。
読書量が少ないせいです。

文体はひとそれぞれですけれど、私の一文が短いのはわざとです。
かっこいい文章は書けないですけれど。
昔は……綺麗とか言われてたんですけれど、かなり文体を変えました。
漢字も「人」ですら「ひと」とひらいてることが多いです。
これは、まあ、あれです。
「人間」にはこころがあるけど、「人」にはこころがないから。
でも「人間」ってあんまし使わないでしょう?
だから、私は「ひと」とひらいて使ってます。
これは、私の文体の特徴かなって思います。
私は「人間」を描きたいから、ここはこだわりポイントなんです。
いえ、別に、ひらいてない文章の小説が人間を描いてないとか、そういうことは思ってませんけれど。

つまり、これもわざとです。

こんなアホでも、考えてますでしょう?
ど下手には変わりないんですけれど。

文章ひとつとっても、奥が深いとは思いませんか?
……私が文体フェチなのは、そこが大きいですね。
好き、嫌いの話なのかもしれませんけれど。
文体について研究してない方の文章はすぐに分かりますので、
いや、私もそこまで研究とかしてるわけじゃないんですけども、
全部、受け売りですけれども、
まあ、つまり、これくらいも研究しないで小説を書くなんて!
くらいには思ってしまっているという、心の狭い人間でありまして……

文体の研究というか、本を読んだ時に、じっくりと文体について見てみると、面白いですよ。
というお話でした。

いえ、本当にど下手なのにねえ。
偉そうにすみません。
変態かってくらいには文体フェチです。
美味しい小説は文章から……そんなこと思ってます。
つまり、美味しい小説をもっとたくさん読みたいんです!!

そんな小説にたくさん出会えますように。
お粗末様でしたっ
スポンサーサイト
 









        
 
http://naturalmaker.blog.fc2.com/tb.php/119-0a207f4f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。