categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category感想

【感想】狂った歯車堂様『迷えるグリムの世界』

trackback0  comment0

感想書く書く詐欺のやつです。
すみません、まだあります……

狂った歯車堂様(@citbungeibu
http://kuruttahagurumado.jimdo.com/

文学フリマ
http://bunfree.net/

文学フリマWebカタログ
https://c.bunfree.net/c/tokyo23/1F/D/37


「赤い散弾銃」蒼狗様
赤ずきんちゃん
途中で真実に気がついても良さそうだったのに、そのまま気がつかずに最後まで読んでしまいました。
見事なバッドエンド。
この赤ずきんちゃん、かっこいいです。
この、猟師はなぜこの村に戻って来たのか。おばかとしか言いようがない。
いや、赤ずきんちゃんに殺されるために戻って来たんだ。必然さを教えてくれるお話しでした。

「山羊と七匹の子狼」白猫様
狼と七匹の子山羊
この、山羊のお母さん……かわゆすっ テラかわゆすっ
これ、めっちゃ好きかも。
これは、バッドエンドでもないので、後味的に美味しかったです。
復讐とかやり返したりとかはいけませんよ的なやつ……でもないような気はするけど、とにかく可愛かったです。

「手向け羽根」あずの様
ヘンゼルとグレーテル
これは裏切られました。いい話かとおもったのに、僕の妹がとんだブラコンでコワイみたいな。しかし、まあ、ですよね。お兄ちゃんも魔女に恋しちゃったらそりゃあねえ。
魔女が可愛いなんて、それは、反則ですよねえ。
素敵なバッドエンドでした。

「S&S」かいこん様
ブレーメンの音楽隊
他の作品とはまったく違うアプローチの作品。
こんな形のあの世があってもいいかもしれない。
いや、本当にこんな形なのかもしれない。
いやいや、このあの世は身近なところにあって、そう、迷っている人間には迷い込めるような、そんな場所なのかもしれない。
オカルト好き、宗教好きの私にとって、とても興味深いお話しでございました。
そして素敵なお説教。私の大好物でした。とても感じがいい。空気がいい。

「始まりの死神」雑草様
死神の名付け親
……物書きとしてあるまじき、原作を知らないという……
ここはあえて原作を調べないで読んだので、解釈とかは間違っているかもしれないので生ぬるい目で読んでくださいお願いしやす。
なるほどタイトル。最後まで読んでから気がつく私のどにぶっぷり。
死神の擬人化はコミカルで軽い。
それが、人間の「死」というもの暗さの対比になっていて丁度良いです。
死神とは何かに触れた作品かなと。これまた、オカルト好きな私にとって大好物なテーマではないかと思いました。深いですっ

「救い」人牛様
星の銀貨
ありのままの星の銀貨。
お説教かと思ったけれど違う。問題提起されたような感じ。
原作というか、多く広まっている方の原作では主人公は裕福になるのだけど。さて、それは本当に「良いこと」なのかなと。日本の昔話にもよくあるようなお話だけども、日本の昔話とは根本がちょっと違う。
グリム童話は、まあ、西洋文化のせいもあって「神様」という宗教文化が顔を見せる。私の思う神様なら、こんなことはしないだろう。
そう、神様なら、現金などという汚いものをあげるわけがない。少女は死に、天国へ。それが真のハッピーエンドというもの。(これは真乃の小説でよくやるオチでもあります。すみません)
そういう意味で、このお話、真乃的に好感度が高いです。(何様なのか)
余談だが……うんこは砂漠に埋めろよと神様は教えている……のにまったく人間というのは……
水洗トイレおよび上下水道のインフラ、文明の素晴らしさに改めて気がつくとともに、感謝しました。
文章が淡々としていてとてもクールでお話にとても合っていた。素敵でした。


すみません、偏ってて。
童話好きさんにお勧めの1冊です。
良くあるアンソロジーかもしれませんが、どれも個性的かと思いますです。
文フリで是非、お手にとってみてくださいませ。
スポンサーサイト
category感想

【感想】卯月慧様著(@月兎柑。)『Task Executor vol.1』

trackback0  comment0
感想書く書く詐欺のやつです。
すみませんホント……

サークル「月兎柑。」様の本です。
http://getkan.blog.fc2.com/

卯月慧様
@uduki_sosaku

次の文学フリマにもご出展されます。
https://c.bunfree.net/c/tokyo23/1F/E/12
https://c.bunfree.net/p/tokyo23/4013

文学フリマ
http://bunfree.net/


長編ファンタジーの第1巻です。
ちゃんと親切設計で、各話読切りです。
ラノベテイストで、とてもノリが良いです。
長編ファンタジー小説にありがちな、登場人物が多すぎて読みにくいなんてこともなく、メインは男子高校生みたいな感じのおふたり。
職業かな、能力かな、が、ジョブチェンジシステムのある、FFみたい。
こういう設定が好きですね。
ギルドがあって、そこに所属しているというのは、ありきたりなのかもしれないのですが、私には絶対に書けないタイプのお話なんですよね。
いやこのタイプ、数話で絶対ネタ尽きるし……
もう、この時点で尊敬します。

Task.1 遂行
最初のお話らしく、導入の物語で、ここがまた親切設計。
剣と魔法の見せ場があって、セオリー通りな……
と思いきや、なんか、敵がオカシイ……
ゾンビになりたいおっさんとか……
コメディで楽しいです。
ヒロインかと思いきや、怪しすぎるお医者の少女とか。
キャラクターが、最初からぶっとんでます。

Task.2 黒猫
恋のお話。
かと思ったんですよね。ほとんど進展しないあたりが、なんといいますか、私の好みです。
人外と人外のなんかほろりとくるお話でした。

思惑の違うもの同士が交わるお話は、私は書けなくて、いやはや……すごいなと。
種あかし的なものはなく、すんなりとその思惑は明るみに出るのですが、そのあっさり具合もリズミカルで読みやすいです。

Ex.1 おじいちゃんの古時計
また、このおじいちゃんがですね、いいキャラなんですよ。曲者で。
オカルトテイストで、何が本当なのか、何がまやかしなのかあやふやです。ただ、ラムディズの過去だけは本当であることが分かる。
この手のお話は好きですね。
いやいやしかし、こけしが、こう、なんて言うんですか、シリアスに思えるシーンも、こうコミカルな感じでね!
面白かったです。


このお話だけじゃないんですけど、ふたりの会話が楽しいんですよね。

若いお話を読んだなと思いました。
決して、技術が未熟とか、そういうことではないです。
お話そのものが、フレッシュ!って感じです。
この先、ふたりにはあらゆる困難が待ち受けているのだろうこともちらほら見えたり。
若いだけではない物語、BBAには少し眩しいですが、若い方にお勧めです。

あ~っ やっぱり、剣と魔法はいいなあ。
不思議な話も良かったです~
BBAでも、またこんなお話を書きたいと思わせるに十分な熱さのある物語でした!

New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。