category感想

鹿ソウル 佐藤亜希子さん著「厠に潜むもの」感想

trackback0  comment0

超文フリで入手できず、コミティアでも入手できず……
やっと今回の文学フリマで入手できた本であります。

なので、すでにお読みになった方もいらっしゃることでしょう。
怪奇小説です。


鹿ソウル(@shikasouls2
文フリwebカタログ


『厠に潜むもの』

いつもの、引き込まれる口語体の文章で綴られていて、まるで、目の前にその語り手が座っているようでした。
聞き手もいるのですが……聞き手が誰かは、最後にならないと分かりません……
もはや、真乃はその聞き手と同化して、彼女の話を聞くことになってしまうのでした。

『トイレの神様』知ってますよね。
「トイレには~ それはーそれはキレイなー 女神さまが、いるんやで~」
ってやつです。

いや、分かっておりましたとも。
あんこさん(佐藤さん)の書く物語が、こんな可愛らしい話ではないことくらい。

みなさんは、おトイレで用を足す以外になにかしておりますか?
新聞読むとか、本を読むとか、歌を歌うとか……

真乃は別に、なんにもしてませんけれど。

風水ですと、トイレには赤い花(造花でおっけ)を飾ったりすると良いそう。
魔除けです。
……つまり、魔がいるんですよ。

あと、トイレのカレンダーを見ながら予定を立てたりしてもダメです。
その予定は、予定で終わってしまうでしょう……
どうして、でしょうねえ。
トイレにいる”なにか”がこっそりそれを聞いていて、邪魔をするのでしょうか……

怖いですねえ。
怖いです。

トイレに潜む”なにか”を知りたければ、読むべし!

でないと……
その”なにか”と遭遇してしまうかもしれません。
(※フィクションですけれど)

とても面白かったです。
これはあんこさんが主人公ではありませんでしたね。
あり、ません、でした……よね???


『誰にでも視えるもの』
ある、かも……
って思わせる短編。

こういうのが怖いんですよ。

これは……あんこさんが主人公??

ちょっと、じゃあ、今度あんこさんの背後に何が視えるのか、
検証しようではありませんか。
零感の真乃でも、視えるのか。
視えないけど、本当はそこに”ある”のか……

いやあ、怖いですわあ


なんか、あんこさんの小説の感想を書こうとすると、テンションがいつもと違ってしまいます。
うふふ、怖いわあって、笑ってしまうのです。
笑うことで、怖さを紛らわそうとしているのかもしれません。

もしくは、好きなものを読んだ幸福感からか……


スポンサーサイト
category感想

HONKY-TONK 三日月理音さん著『微睡する自律演算装置』『猟犬の残効』感想です

trackback0  comment0
内輪といったら、内輪なのかもしれない。
でも、三日月理音さん(@Lio_Mikazuki)の本を読むのは初めてでした。

HONKY-TONK
http://uxorimperatoria.blog54.fc2.com/


■「微睡する自律演算装置」
Pixiv試読版
創作文芸見本誌会場Happy Eeading

デシミシュに住まう代筆屋のロレンはある日、あかがね色の不思議な正方形(クアドラ)を手にする。正方形から忘却の名を冠する少女が現れたとき、ロレンは目にしてはならないデシミシュの真実を見る。(創作文芸見本誌会場Happy Eeadingさんより転載)


出てくる名詞から、設定の細かさを伺い知ることが容易にできて、
これはもうファンタジーの中のファンタジーなのだろうと思ったらどっこい。
みたいなお話でした。
途中で、タイトルを見返して、あ、そうね、そうねえと思いました。
三日月さんが何を書きたいのか、訴えたいのか、わずかに伝わってくるお話でした。
短いから、書かなかったのかなという感じ。
この装置は、次は誰の、どんなひとの手に渡るのか。
もうあと2作は作れるのではないかなと。
とっても読みたいです。
(長編となって帰って来るかもなので、その日を待ってます)


■「猟犬の残効」
Pixiv試読版
創作文芸見本誌会場Happy Eeading

2022年、ニューヨーク。フリージャーナリストのダイアン・デイは元夫・ギルバート・ブラッカイマーと共に奇妙な集団失踪事件に遭遇する。犯人は誰か。何故事件を引き起こしたのか。すべてが謎のまま、事件はダイアン、ギルバート、養女・ジャンナの過去を白日の下に晒す。そして錯綜する事件は三人の手を離れていき…… 社会派×ハードボイルド(Pixivより転載です)

プロット勉強会で提出されたプロットの、完成した小説。
ということで、すごく楽しみにしておりました。

すっごい硬くてとっつきにくそう、というのがプロット会での印象でした。
すみません。(社会派が不得意な真乃だから…)
でも、すっごく読みやすいですし、するする読めてしまう。読ます力がすごいです。
頭が悪い真乃でも大丈夫です。とゆうか、とっても勉強になりました。

この前、三日月さんは影響を与えた作品に「カウボーイ・ビバップ」をあげておられて。
わたくしもとても好きな作品ですが、
なるほど。ハードボイルド。
女版ビバップという感じで、映像が浮かんでくるようでした。浮かんでました。
カッコいいです。
(真乃がみていない他の作品もあげていらしたので、他の作品の色ももしかしたらあるかもです)

最後も良かった。
最後までカッコよかったです。

三日月さんの伝えたいことが、こちらではビシバシ伝わってきました。
(そのあたりが社会派ですね)

事件とあるとおり、ミステリーな要素もあって、とても楽しめました。
はらはらドキドキ系です。

4章から字間がつまって読みにくいとの感想もありましたが……
真乃はまったく気がつかずに読んでおりました。
夢中になってたのですね。

硬そうなのはちょっと…って思うひとが確かにいるかもしれない。
真乃も思ったのですから。
でも、きっと、それで買い逃したひとは後悔すると思います。
硬そうというのは、思い込みです。
易しいお話ではないけれど。笑えるお話でもないですけれど。
好き嫌いはあるかもしれませんけれど、読み手を選ぶような小説ではないと、真乃は思います。


そうそう。
真乃は三日月さんと直接お話をする機会があまりなくて、どんな方なのかはちょっとしか知らないのですけれど。
三日月さんが主人公のダイアンなら、彼女と同じ行動をとったのではないかと思いました。
それほどの、強い意志を感じたのでありました。
内に秘めた熱さが、届いてくるようでした。


Stray Catさんにも素晴らしいレビューがあがってますので、ご参考に!
レビュワー:青波零也さん
レビュワー:浮草堂美奈さん


category感想

真乃おすすめの創作文芸本と蜜丸さん著「花と鍛冶師」の感想

trackback0  comment0
おすすめの創作文芸本を紹介しますです。

とゆーことで。
Stray Catさんに本のレビューを投稿してます。

■「BLANCA」
Stray Catさん
http://text-revolutions.com/review/?p=516#more-516
うちのブログでも感想書いてますので、合わせてどうぞです。
http://naturalmaker.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

■「君は虹を知らない」
Stray Catさん
http://text-revolutions.com/review/?p=521#more-521
創作文芸見本誌会場Happy Eeading
http://books.doncha.net/happy-reading/detail.pl?uid=63146440&bookid=306

概要は上のサイトでチェックを!

ヒースの物語が綴られた短編集。
ひとつひとつは短編なんですけれど、そのひとつひとつが短編とは思えないほど、濃くて読み応えのある1冊です。
実際、本は厚め。
ヒースがどんな人間かが描かれているのだけど、それは、ヒース自身が語る物語ではなくて、
別人間がヒースを見て語っている。

真乃はヒースというキャラクターがすごく好きになりました。
真乃の好みのキャラクターであるのも理由のひとつなのですが、そのキャラクターの創り込みの深さが素晴らしい。
青波さんの創るキャラクターのすべてがそうだと言えるのですけれどね。

とにかく、どの短編も面白かったです。
最初の物語から読んでいくことで、少しずつ見えてくるものがある。
その見えてくるものの中には、少ししんみりするようなものもある。
それが良かったです。

このシリーズを読んでいなくても、まったく、ぜんぜん大丈夫です。
知らなくても、きっと、ヒースを好きになる。

また、彼のお話を読みたいです。
すっごい読みたいです。


■「腐れ街の蛇」
Stray Catさん
http://text-revolutions.com/review/?p=529#more-529

これを読んで何かを得られるかと言ったら、そんなでもないかもしれない。
でも、この世界、この空気が何度でも読み返したくなるんです。
色々と深読みすると、ちょっと恐いような、すてきなような。
続編の「花と鍛冶師」と合わせて読まれると絶対に良いです。



そしてそして。その第17回文学フリマで入手しました蜜丸氏(サークル「pamplemousse」)の新刊「花と鍛冶師」の感想です。

■「花と鍛冶師」
密林の中に築かれた都。熟れた果物。赤熱した金属を打ち鍛える鎚の音。鍛冶師見習いであるワルルは、兄と慕うナトトのために短剣を鍛えたいと願う.
「腐れ街の蛇」でナトトが仕事を果たしていた間の、弟ワルルの物語を描く。
アジアン・ファンタジー新章、その二作目。(文フリwebカタログより)


「腐れ街の蛇」の方で、ナトトは少し怖いと私は感想に書いたけれど、ワルルはナトトの仕事がどんなものか知った上で、怖くないと言っていて、感動しました。ワルルはすごくいいこで、ナトトとは真反対なんだけれど(ナトトもすっごくいいひとですが)これほどしっくりくる家族はいないのではないかと思いました。
(それはもう、腐った妄想が引き起こされるほど!/ワルルもナトトも女子にモテモテですけれども……)
ワルルの純真さに癒されました。やはり、何度でも読みたい本です。



「精霊の石」シリーズも本当におススメなので、是非読んで感想を上げて下さると、
真乃は自分のことのように嬉しくなります。
腐れ街と同じ世界です。その世界で生きるひとの、葛藤とか思考とか、運命とか、些細なことのように思えることが細かく描かれています。
その些細なことは、それだけリアルで、自分の身近なことであると錯覚してしまう。
ファンタジーというジャンルは大きなテーマで書かれがちだけれど、小さなテーマが1番心に届く、そんな気がします。


「カトル・セゾン」もおススメです。
ファンタジーではありませんけれど、やはり、蜜丸氏の描く人間にすっかりはまってしまいます。
(春と夏は不必要な腐った妄想をしてしまいました……妄想ばっかしててすみません……)
こちらの感想はまたの機会に。(書いたら長くなるような気がします)




今回はとりあえずこれだけ。

真乃は頭悪いから、内輪褒めとか言われようが、感想はあげていきたいと思ってます。
(真乃さん買ってくれたのに、感想があがらないんだけど……っていう時は、大抵積んでます……すみません……)

んっと、内輪じゃないひとの本だって感想書きますよ? 真乃は。
とゆーか、内輪ってなんですか。
顔見知りなら内輪なんですか? 飲みに行ったら内輪なんですか? 買いあっこしたら内輪?
定義がよくわかりません。

非公式ガイドには、読んだ中で1番面白いと思ったものを。
(1番がいっぱいあってどうもすみません……)
Stray Catさんには、面白いと思ったものを。
でも、今さら真乃ごときが投稿するのもなっていうのは投稿しません。
(だって、レビュー比べられちゃうもん……下手くそ具合がばれ……もうバレてるけどっ)

あとは…著者さんに直接お話してるのはあげてないこともありますです。


真乃のへたくそな感想文をweb上にあげないでっていう著者の方は、ご連絡を。
けしけしするので。
営業妨害になってしまってはいけません。

真乃的にダメなところも書いちゃいますしね。
文法とかうるさいのは、自分が文法分かってなくて、勉強してるところだから。ん?って思っちゃうの。
宗教系も、ほんの少しだけかじってて興味あることだから、ん?って思っちゃうの。

どうか、ご容赦を。


でも……著者さんの顔が見えているものがやっぱりどんどん好きになりますね。
たとえそれが、真乃が勝手に創り上げたものだったとしても。


categoryイベントとか

第17回文学フリマ 参加報告

trackback0  comment0
Natural makerは第17回文学フリマにサークル参加してまいりました!

文学フリマ
http://bunfree.net/


いつも通りのおんびり出発してしまって、会場についたのは10時10分くらい。
入場してからすぐにコンビニへゆきまして、ネットプリントを……
看板のデータを家で出すとか、出したのを折らずに持って行くのを考えるのも嫌なほどだったので、ちょうど会場にローソンがありましたし、ネットプリントを利用したのであります。
が、同時開催のイベントが多数あったせいか、コピー機には列が……

新刊のコピー本は地元で刷ってこいよーとか、自分のことを棚にあげてぶうぶう言ってました。
でも、そのコピー本の部数、それだけでいいの?いいの?とかひとのことなのに、心配したり。
とゆーか、その漫画、読まして?とか思ったり。
会場のコンビニコピー機の前には色んなひとがおりました。

再び戻ったのが、30分を超えてましたね……

設営はぜんぜん間に合いませんでした……


開場してすぐに新刊をお買い求め頂いたりと、あわあわして、あわあわして落ち着かなくて、
はあサークルチェックするぞって頃には12時になってました。

……サークルチェックなんかしてたらいつまでたっても買いに行けん!
と思った私は、キャンサー(※)で1FをAから順に見て参りました。


んで、なんか、すぐに手がいっぱいになって、自分のスペースを出たり入ったりを繰り返してました。
戻ると、お買い求めの方がいらっしゃる不思議……

落ち着いたのは15時を回ってました。


こんな状態でしたのに、戻る度に減っている無料配布本……
みるみるなくなる新刊……

既刊はあんまし出ませんでしたが、
新刊は一見さんにもどんどこ売れてゆきました。

……黒いだけの本なのに……

よっぽど、みなさん呪いに興味がおありだったということですね。
怖いです。

……大げさに書いたけど……

無料配布本は25部もってゆきました。
半分はチラシスペースに置こうと思っていたのですが、時間がなくて面倒だったので、
自分とこに全部置いていたのですけれど……
だから、そんなに出ないだろうと思ってたんです。
あるどろでさえ、文フリでは15部くらいが限界だったので。
でも、全部持って行こうと思って、持っていたらですよ。
表紙効果ですかね……


無料配布本はタトホンの10部と合わせて35部で配布終了です。
天使もののやつはいつも15部くらいしか作らないのですけれど、本の杜とタトホン、文フリで10部10部15部とゆー計算でした。……本の杜で忘れてしまったので、文フリで25部とゆーことになったのですけれど……
余るだろうなあって思ってました。前は何かしら買ったひとには問答無用で押し付けておりましたけれども、
そんなセールスをする余裕もなくて、置きっぱなしでしたし。

中身、あんななのに……
もらってくれて、ありがとうございました!


Pixivに上げましたので、もらってないひとはどーぞです。

「天使の秘密」Pixiv



新刊は20部持ってゆきました。
第15回文学フリマでの新刊の売り数は10部でしたので、持って行っても15部かなと思っていたのですけれども、ちょっと自惚れて、20部持って行ったのでした。
が、これが完売……
秋山さんのところに出前に出るはずが、ご購入者さんがとぎれませんで……
お届けできませんでした。
また今度……
ひとりサークルは、つらいですね。
(かといって、じゃあ売り子さんマジで募集しよ、追加椅子たのもってやると、ヒマだったりする)

今回ばかりはもうちょっと自惚れても良かったようです。
春までにまたちょっと作ります。

この本は、自分では女子高生が主人公で二度と書くかと思ったくらいつらいものだったので、
全部で30部売れればいいんじゃねって思ってました。
んで、とりあえず文フリで売るやつだけ作ろって思って、20部だけ。(見本誌含めて21部)
表紙の紙も35枚しか買わなかった……


ノベルティも25枚、ペーパー(青のティーカップ)も20枚用意したのですけれど、
足りなくなってしまいました。

こんなことは初めてで、
いつも多めに準備して持って行くのに……


そんなで、お菓子も食べずに、飲み物もひとくち含むのでいっぱいいっぱいでした。
それも嬉しい悲鳴で、たくさんの方がうちのスペースに来て下さって、嬉しいわ楽しいわでした。
文学フリマが17時まで開催してて助かりました。
15時までだったら、なんもできなかったと思います。
あっという間でした。


既刊はホテルが良く出ました。意外と。10冊くらい。
彼のーとホムレスが4冊くらいづつ。


乙女ブックマーカーもかなり出ました。10個くらい。
売上の大半はこれです。


非公式ガイドブック第4版は5部のみ。
あんまし貢献できませんで申し訳ありませぬ。
でも完売とのこと。すごいです。

まだ、ちゃんと中身見てません。
なんといいますか、厳しいコメントもあるので、編集者さんの求めているもののレベルの高さを伺い知ることが出来ました。

ふおおっ すげえってなりました。
真乃もけっこううるさい方だと思っていたのですが、見ているところが違うなあって感じです。

5版に向けてすでに始動している文学フリマ非公式ガイドブック編集委員会

真乃もまた何かできたらいいなあと思ってます。

文学フリマ非公式ガイドブック(@bunfreeug
http://bunfreeug.web.fc2.com/


とりあえず、戦利品を読みまくる!


お買いものは……
途中であっさり予算がなくなりました。
1万円くずしておいたのに……
お財布の中には万札しかなく、万札しかもっていないとはなにごとだと言っていたにも関わらず、自分が万札しか持っていない状態に……
売上とつり銭からとりあえず5千円をもっていったのですが、それもすぐに尽きて、
結局、秋山さんのところで万札出して本買いました。良かった。
秋山さんに今回1番お世話になってる!
ありがとうございました!


手に入れられなかった本があるのが悔やまれました。
2Fがやっかいだった。
やはり、事前にチェックしておくべきでした。

ご新規さんは…ひとつふたつみっつ…

思うのは、あらすじを書いてない本が多いことでした。
どんなお話の本なのか分からない。
タイトルと装丁だけでは、ちょっと買えないですよね。
手に取って下さいって言われても、あらすじ書いてないのでは……
全部読むわけにもいきませんしね。
もったいないと思います。
いいですか、そんな時間ないんです。

文学フリマwebカタログがリリースされましたけど、
1回見るのがやっとです。
つまり、それ以降に更新された情報は見ることが叶いません。

事前に流れてくる情報は、文フリクラスタのすべてをTwitterでフォローしても、
完璧ではないのです。(Twitterやってないひともいるし、宣伝しないひともいますから)

情報がないなら、会場で見るしかない。
でも、あらすじなし。
時間ない。
買えないということになりますので、あらすじだけはつけといて!

真乃からのお願いでした。


あとは、アンソロジー、多いですね。
いくつか買いましたけれど。
本当は、アンソロジーではない、ひとりの作家さんが書いたものが読みたかったりします。



今回の反省点。
忙しかったせいで、お隣さんと挨拶いがい交流がまったくできませんでしたっ
なんてことだ、ほんとに、ひどすぎた。
いつもなら、無料配布本とかお菓子とか押し付けるくらいヨユーなのにっ
もちっとヨユーのある人間になりたいです。


文学フリマ、ありがとうございました!
真乃は雨なんかちっとも気にならなかったですよ!


※キャンサーとは新機動戦記ガンダムW(ウィング)に出てくるモビルスーツのこと。
カニ歩きでスペースを回ること、目当てのジャンル、カップリングのすべてのサークルを見て回ることをキャンサーと云う。(ごく一部の人間のみ)
http://ja.gundam.wikia.com/wiki/OZ-08MMS

...Open more

New «‡Top‡» Old