categoryどうしようもない日記

断片集について

trackback0  comment0
本の杜の企画「断片集」について、思ったことを書いてゆきたいと思います。

断片集はサイトでも読める他、歩登さんの手製文庫本として、本の杜にて無料配布されました。

断片集
http://www49.atwiki.jp/danpen/

そして、サイトでは1番面白かった作品に投票できるようになりました。
どきどきわくわくです。

私のはありがたくも、5人の方が面白いと投票してくれました。
この数字は少ないのかもしれないけれど、私にとっては、5人もの方がそう思ってくれたのが嬉しくも思います。
(ちょっと自分で自分に投票しようかと思いながら、踏みとどまっております(笑))

なんと、史文庫~ふひとふみくら~さんの唐橋史さん(@FuhitoFumikura )に感想も頂いてしまいました!

えへへ。うふふ。


と、そのような嬉しいことは置いときまして。

始めにお読み下さいのページをご覧くださいませ。
http://www49.atwiki.jp/danpen/pages/108.html

意見交換等をしあう場ではまだないということ。
どこがダメだったのか、良かったのかが、書き手に伝わらなければ意味がありません。

私は、幸い感想を頂いて、また自分も感想をお伝えしました。
Twitter上でのことです。

これは、良いことだと思います。
ありがたいですし。

次。

●作品について
 我々はアマチュアです。だからと言って、手を抜いて良い理由などはありません。
 我々は、誰かに読んで貰うための作品を創っています。
(サイトより引用)

これを読んで、真乃は、え!? ってなりました。

真乃は正直、いつも読者を気にして書いているわけではないです。
だから、面白くないって自分で分かっているものも公開するし、面白くないって言っている。
今回断片集に投稿したのも、同じです。
面白いって言えるものではないかもしれない。
つまらなくはないと思っていますが、構成がひどいし。
(ちょっと時間と文字数が足りなかった。スピンオフ作品でもあったし)

正直、手を抜いていないとは言えない。

そして、真乃はワナビ(※新人賞などに投稿しプロを目指すアマチュア物書き)ではありません。
だから、そこまで真剣に書く能力の向上を目指しているわけでもありません。



そして、冒頭の投票というサービスがリリースされることは、投稿前には知りませんでした。

そうそう、最初私は「寄稿」と書いていたのだけど、歩登さんが「投稿」とおっしゃっていたので、後になってその意味を知りました。


明らかに、私も歩登さんのかかげる理念とははずれているんです。

そのことで、削除依頼をされた方がおります。

その方のことを言っているのか、分かりませんけれども。
これはちょっとという記述があります。


まず、いいですか。
この投票というものは、1台のPCで90日(だったかな)に1回だけ、1番面白いと思った作品にしか投票できません。

2番、3番の作品には投票することができません。

だから、投票数が少ないからと言って、その作品が面白くないというわけではありません。
そのことを勘違いしてはいけません。
この投票システムで傷つく必要などまったくないということ。

もっとも、どれも面白くなかったというのに投票することもできます。
最初にお読み下さいを読んだ方は、厳しく評価することだろうと思います。




先にも述べました通り、私は理念とは違うものを投稿しています。
このサイトにきたひとが、始めにお読み下さいを読んで、投票するために作品を読んだとしたら、
おおきな誤解が生じてしまいます。

私の書くものは、断片集に投稿したものだけではありません。
それだけで、作家を評価できるはずもありません。
(ましてや、4千文字という制限付きで)

私が誤解されるのは、まあ構いません。
web上に公開してる作品の多くは、クオリティ低いので今さらですし。

ですが、理念と違うからと削除を依頼した作家さんや、
他の私と同じような気持ちで作品を書いている作家さんを、ワナビとして評価するのだけは
やめて頂きたいです。



主催の歩登さんは、創作文芸界を盛り上げようと頑張っている方です。
ただ、私のような、プロを目指していない、同人で書きたいものを書く、商業では書けないものを書く人間にとっては、熱すぎで温度差が激しいのかと思います。
創作文芸同人界にはそうした方が多くいらっしゃいます。
歩登さんは、もしかしたら、そこのところをご存知ないのかもしれません。

歩登さんは、まだお若いですから。
たくさんの可能性を持っている方です。

一方、私はというと、歳もとってきて、自分の文章のだめだめさもまだたくさんあるし、
構成とかね、そうゆうのも甘いし、そもそも、学がないから単純なものしか書けないし、
とうていバリバリ売れるような作家にはなれないっていうのが分かっている。
いつかプロになんて夢をみれるほど、おめでたくはないのです。

もちろん、創作文芸界を盛り上げたいと思う気持ちは一緒だと思っています。

でもでも、理念が変わらないようであれば、
次のに参加はしないと思います。

歩登さんのかかげるものと添うようなものは書けない。

そのことを、ご理解頂けると嬉しいです。


歩登さんの熱さについていけない真乃が悪いということ。
なので、これからも、歩登さんも断片集も、真乃は応援致します。


なので、ちょっと違うなあと思いつつも、削除の依頼等は今後もしません。


歩登さんのこの文面は、とても歩登さんらしいと思います。
(真乃がどれだけ歩登さんのことを知っているのかというつっこみはなしで)

傷ついたと思ったんだろうなあと。
大きな間違いなのですけれど。
優しいではありませんか。
ちょっと失礼だけど(笑)

つっぱしっているんだと思います。


いいなあ。若いって。

どうか、あたたかい目で歩登さんを見守ろうではありませんか。

ちょっと、攻撃的な方がいらしたので、
雷鳴が轟く前にと思い、だーっと書き連ねてるのでまとまってないですが……
間に合ったかなあ……


断片集、読んで投票して下さいね。
真乃の「青のティーカップ」もくだらないけど、読んでみて下さいね。


相変わらず、真乃も偉そうですが、
どうぞよろしくお願い致します。



※この記事でそもそも真乃が誤解していることや、不快な思いをした方がおりましたら、ご指摘くださればと思います。(記事を削除とかはしないと思いますけれども……)
スポンサーサイト
categoryイベントとか

本の杜4 参加報告

trackback0  comment0
台風が接近し、大雨洪水警報が発せられた中、Natural makerは本の杜4へサークル参加して参りました。


本の杜4
http://www.ivent-hon-no-mori.com/index.html
開催日時:2013年9月15日(日) 11:00~15:30(仮)
会場:大田区産業プラザPio


色々と不思議な噂を聞く、本の杜。
参加してみて、この目で見て感じたことを、書いてゆきたいと、まずは思います。
(すっごく長くなるので、ご注意を)

まず、本の杜4の参加申し込み締め切りは、冬コミ(コミックマーケット85)のサークル参加申し込み締め切りよりも後であったと記憶しております。

つまり、開催日の1ヶ月前ということになります。
事務処理能力があれば、問題ない締切だとは思います。
規模も小さいですし。

が、参加案内の封書が届いたのは、1週間前です。
これほど遅いイベントはないと思います。

コミティアは1ヶ月前に届きます。
コミックマーケットもそれくらいか、もっと早いですね。
文学フリマは2週間前です。文学フリマも遅いと言って良いと思います。
二次創作のオンリーイベントと比べても、かなり遅いと言えます。
(TAT-HONも遅めかな。でも、なぜか、TAT-HONは安心感がありますね)

えー…これが、二次創作のオンリーイベントだったら、主催は他のイベントに出られなくなるくらい叩かれまくって、再起不能に陥って、消滅します。
これだけで、です。
ので、創作界隈の人間って優しいんだなーって思いました。
(その優しさに真乃は助けられているわけです)


本の杜3では、2週間以上前に届いたそう。
ですが、1、2では3日前だったそう……
うん。
自分たちの事務処理能力をもう少し考えて、締切りを決めた方が良いのではないかな?
と思います。


次に、届いた参加案内。

知りたい情報はあんまし記載されていなかった。
配置図がない。

いいですか。
サークルってもんは、いやー今回はどこのサークルさんとお隣なのかな?なのかな?と楽しみにしているものであります。早く知りたいのであります。
因みに、真乃は事前に両隣のサークルさんのwebサイト等はチェックするのであります。
それが、できない……
いや、サークルNo.である程度はそれは分かりますけれども。
確信が持てないじゃないですか。
今回、真乃のスペースは山本清風さん(@ankipan/文学結社猫)と栗山真太朗さん(@kuriyama1youth/少年憧憬社)のユニットサークル少年憧結社猫さんのお隣だったのですが、わーい!嬉しいなあって事前にTwitterでつぶやくことができませんでした。
残念……(ものすごく個人的ではありますが……)

配置図を作るのが、大変な作業であることは分かります。
会場の大きさとテーブルの大きさを考えて作成しなくてはならないのですから。

いや、でもね……
他のイベント運営はやってることですし……


参加案内の文書の方も初参加者にとっては不案内すぎる。
見本誌提出のタイミングや、誓約書みたいなやつもいつ出すの?って。
コミティアやコミケみたいにスタッフが回ってきてくれるの? 各自で出すの? どこに?
みたいな。
当日もアナウンスがあったのかなかったのかわからんかったし、提出用の封筒が配布された時にはハテナだった。



そして、真乃が疑問に思うのは、あの薄いカタログであります。
中身のない、カタログ……
カタログにも配置図はないと……
やたらと「予定」の文字が目につく心得……心得??
下記住所にお問い合わせの下記がない。
スペースは?に変わり、Natural?makerに。サークル名の意味が変わってしまうじゃないか。
とつっこみどころ満載。
それで500円……

どんだけ刷ってるのか知りませんけれど……
えーと、表紙はカラーの必要性があるのかな??
イラストは素敵ですけれど。文章系イベントですしねえ。
もちっとコストのことを考えて欲しいです。


他のイベントと比べるのはどうかとも思うけれど。
主催のやる気が感じられない。
やる気がないならやめてしまえって思う。

他のスタッフの方々が頑張っているのが伺えるから、応援はしたいと思いますけれどもね。

応援される運営って、他にはないと思います……


お茶とかコーヒーが飲み放題なのは良いかもですが。
(個人的には不要だと思ってます)



だらだらと偉そうに書きましたが……



今回の真乃はひどすぎた。
ひどすぎた。


まず、新刊持ってくるの忘れた……
高村さん(@takamurakoyomi)に「そんあことありえないでしょう」って呆れられました。

うん。
まあ、無料配布本だから売り上げに影響があるとかではないですけれども。
営業意識が薄いのかなーと……


あと、眉毛描くの忘れて、往来を。
鯨さん(@murekujira/西瓜鯨油社)が「大奥にいるひと」と言っていて、意味がわからんと思っていたけれど。
清風さん曰く「それは気を遣っているからですよ」と。
普段は「はなくそついてるよ」って言うそうです。
鯨さんって……
いや、真乃が鈍くって悪かったです。
鯨さん、次はTwitterのDMでこっそりと「まゆげないよ」って教えてやって下さい。
他の方もTwitterのDMでこっそりと「服が裏返しだよ」とか「服が前後ろ逆だよ」とか「服が破れてるよ」とかこおおおっそり教えてやって下さい。
どうぞよろしくお願い致します。

眉毛の書き忘れは、これで4回目くらいかなー……
イベントではないけど、仕事で2回、歯医者で1回だわよ。
あー恥ずかしかった。

新刊忘れたことよりも、こっちの方が衝撃(笑撃)でございました。

新刊はTAT-HON、文フリで配布するので、きっと、こんどこそ、もらってやって下さいませ。


そんなわけで。

売上は次の通りです。

「ホームレスと迷い犬」 9部(持ち込み数分完売)
「ホテル惺明館のお客様」 7部
乙女ブックマーカー 4個

でした。

本の持ち込み数はそんな売れないだろうと、8部づつでした。
ホムレスは見本も売ってしまったので、帯をまた作らなくてはならなくて、ちょっと面倒なことになってしまいました……

ホテルも1部を残すという状態に。ありがたや。
(在庫はまだまだいっぱいある)

総部数こそ16部で、少ないですが、1種あたりで見るとこれがなかなか……
文フリin大阪でこの2種はこんなに出てないんですよ。コミティアでも。

ので、驚いております。
買って頂いて、どうもありがとうございます。感謝です。
(ほとんどがお知り合いの方でしたけれど)

いつもどれくらい持ち込んでいるかとゆーと。
文フリは新刊でも15部くらい。
既刊で10部くらい。
TAT-HONでも10部くらい。

んで、完売とかはめったにないです。
無料配布本はなくなっちゃうことがありますけれども。

本の杜、なめてました。


ま、これでお知り合いさんいは行き渡った感があるので(笑)
次以降はそれほど出ないかと。

在庫確認も兼ねて、TAT-HON分をトランクに詰めましたところ、
入りきらないので、持って行く部数を減らそうかなと思ってます。


本の杜、次回は一応参加の方向ですが、
近くならないと分かりませんね。

うちは割に合わないということはありませんでしたが。



そうそう。
お向かいが小高まあなさん(@kmaana/人生は緑色)で、目があってはえへへうふふしてました。
まあなさん、可愛い方です。
そして、なんと感想の書かれたお手紙をもらってしまいました!
宝物ですっ
嬉しかったです。
私も、お手紙書こうっ

まあなさんは、私には書けないものを書ける方なので、密かに尊敬しております。



栗山真太朗さんとお話しができたのも良かったです。
真面目な方です。
鯨さんと同い年だそうで。そう語る氏が、面白かったです。



他にもたくさんの方とお話しができて楽しかったです。
いやあ、ほんと、オフ会みたい。

あんだけ準備会のことを批判しましたが、真乃は別に一般参加者さんが少なくてもいいんだって思いました。
楽しければ良いと。
(いや、一般参加者さんが多い方が良いにこしたことはないのですけれどね!)



同人誌即売会って、出るまでがけっこう勇気が必要ですよね。
私はイベントに参加するために、仕事辞めましたし。(こうやって書くとすごいな……)

私の場合は最初がコミティアで、コミケ行って、文学フリマに参加してと参加するイベントを増やしてきましたけれど。
二次創作だと、大昔はおでかけライブとか、昭島とかからシティ、コミケと経験値を積んでいったりしたものですよね。

創作文芸を見ると、どのイベントに出ても変わらないくらいの敷居の高さかなあって思うんです。
コミケだけが参加費が高いので、参加しにくいかなって感じですけれど。

なかなか参加できないと思っている方は本の杜から参加してみると良いかもしれませんね。
本の杜に参加しているサークルさんの多くが他の創作オンリーイベントにも参加しているので、本の杜で顔見知りを作ると、別のイベントに参加した時に淋しくない! と思います。

こうゆう小さなイベントは必要かなって。そう思います。
ので、本当に準備会には頑張ってもらいたいです。



どうでもいい最後。
真乃は婚活をしている身でしたので、看板にハンティング中とか書いて席をはずそうかなとか思ってたのですけれど、やっぱり、どうにも、真乃は書き手さんのお顔を見るというのがなかなかできないようで。
(だからいつまでも覚えられない)
本にばっかり目をやっておりました。
だめですねえ……


categoryイベントとか

本の杜4 参加告知

trackback1  comment0
当サークルNatural makerは本の杜4に初参加致します。

スペースNo. B-07

本の杜4
http://www.ivent-hon-no-mori.com/index.html
開催日時:2013年9月15日(日) 11:00~15:30(仮)
会場:大田区産業プラザPio


お暇な方は是非いらして下さいませ。
スペースNo.は憶えてなくても平気だと思います。

お品書きは次のとおりです。

【新刊】
■「天使の秘密」無料配布本 約文庫サイズ コピー 40P(約2万文字)

装丁は、こんな感じ。
https://twitter.com/MANOharuka/
ちょっと暗いとこで撮ったからアレなんですけれども……

余ってたA4の紙を切って作ってるので、ページによって紙の厚さが違ったりします……
表紙の色が2種、ピンク系とブルー系です。お好きな方を。
(表紙の紙の色自体はパープル系とグリーン系です)
こちらも余ってたB5の紙を切って……
その代わりとゆーか、扉絵があります。真乃が描きました。ホントは表紙にと思ってたのですが、
恥ずかしくなって止めました……
扉の紙も余ってたB5を……
あと、字もごっつちっこいです……すみません……
でもでも、丁寧に作ったので、もらってやって下さい。


肝心の中身ですが……
ファンタジーでラノベで、恋愛でコメディな短編小説です。いつものゆるい天使ものです。

いつもの天使ものっていうのは、
「死神のセツナ」とか「堕ちない君」とか以前無料配布で配った本みたいなノリのものです。
なろうとPixivで公開してます。(ので興味あったらこちらから なろう Pixiv


ので、あんまり期待はしないで下さいませ。
今回はいつも以上に構成もひどいので。
期待はしてはいけません。表紙で釣ってますんで。
(でも短いながらもバレバレな伏線はえっと、3個くらいははってるのでちょっとは……)
ラノベ好きなひとは是非。
ま、表紙だけ無料で貰ったと思ってくれれば嬉しいです。

今回無料配布にしては、多めに作ってます。
こんなに作ってどうするんだってくらい、無駄に作ってます。
ので、ご遠慮なさらずに。是非!!
(TAT-HON、文フリでも配布するです。文フリでもきっとヨユーで残ってます)


【既刊】
■「ホームレスと迷い犬」200円
現代ものですよ。
試読み版はこちら↓
CRUNCH MAGAZIN 小説投稿
http://i.crunchers.jp/i/data/work/23
pixiv(お試し版)横書き
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2176468
なろう(お試し版) 横書き・縦書き
http://ncode.syosetu.com/novelview/infotop/ncode/n8297bo/


■「ホテル惺明館のお客様」200円
ファンタジーですよ。
Pixiv(お試し版)横書き
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2759252
なろう(お試し版)横書き・縦書き
http://ncode.syosetu.com/novelview/infotop/ncode/n9698bq/


今回搬入する本はこれだけになります。
(見本誌提出ができないため ※できるけど、相談もできるけど、面倒なので……)

ちょっと淋しいですが……
イベントは淋しくないと思うので、大丈夫です!



そして!
非公式企画 創作アンソロジー本「断片集」に
「青のティーカップ」とゆー掌編を投稿致しました。

……けっこうひどいミスしてるんですけれども……
入稿が遅くなったので、訂正はなしなのです。
他の作家さんと比べられてしまうので、ちと苦しいものがありますが……

本の杜4終了後、Pixivとなろうに上げます。
TAT-HON、文学フリマではフリーペーパーとして発行予定であります。
「ホテル惺明館のお客様」の登場人物2人の物語なので、合わせて読むと面白いかはわかりませんが……
面白いかもしれないです……

短くても、うちのテーマ「お説教」に沿った内容かと。
ライトよりかな。

是非是非「断片集」を入手して下さいませ。
サークル「本場の歩登屋」さんで入手できまする。
素晴らしい作家さんの素晴らしい物語が詰まっているはずです!

断片集のwebサイトでも読めるのです。(他のみなさんの素晴らしい作品も読めるです)


本場の歩登屋さん
http://homepage2.nifty.com/potoya/Gtopka.htm

断片集公式Twitterアカウント(@danpensyu

【断片集】@ウィキ
http://www49.atwiki.jp/danpen/


随時作品を募集しているようですので、
我もと思う方は投稿してみてはいかがでしょうか。


本の杜。
色々と不思議なイベントとのこと。
この目で見てみたいと思います。


...Open more

New «‡Top‡» Old