category感想

【感想】こんにゃく著「ビオトープ」

trackback0  comment0

第16回文学フリマin大阪にて購入した短編集の文庫本であります。
すてきな表紙です。

サークル:InU(いんゆー)
http://sbrxsbr.web.fc2.com/

著者:こんにゃく
@losmrn

※こんにゃく氏は、なんか、恐れ多くて、真乃はフォローできていないのですが……
あとでこっそり、フォローしたいです。


「ビオトープ」の試読みはこちら。
http://p.booklog.jp/book/67888

さて、ビオトープとはどんな意味なのか。
頭の悪い真乃はぐぐってみました。

ビオトープ(独: Biotop)あるいはバイオトープ(英: biotope)は、生物群集の生息空間を示す言葉である。日本語に訳す場合は生物空間、生物生息空間とされる。語源はギリシア語からの造語(bio(命) + topos(場所))。転じて、生物が住みやすいように環境を改変することを指すこともある。(wikiより)

なるほど。


「Boring to ME」
webで読めます。
http://p.booklog.jp/book/40114
DVなお話かなあ。んーそれとも、無関心的なものかも。
真乃には重かったです。
これが、本当に、なぜ、1番最初なのか……
長さ的には、ちょうど良いものですが。
痛い上に、主人公が辛すぎるから、きつかったです。


「おやますわりでまっていて」
「おやますわり」とは体育座りのことらしいです。
知らない言葉でした。
知能障害を兄にもつ主人公と、ひきこもりの兄をもつお隣の家の同級生が進路とか色々悩んで、
未来を決めようとするお話かな。
このお話は、ちょっと泣けました。
家族愛のお話。もしくは、ジュブナイルな感じ。
すごいなあとも思いました。リアルで。


「モーリー」
面白いお話でした。
GLなお話。
共感できました。女の子は可愛いよね。
面白いと言っても、シリアスだし、笑えるようなお話ではないのですが。
そうだなあ。GLも禁断の恋なんだって、再確認できた。
GLで、こうゆうお話は少ないので、良かったです。


「Broken Youth」
タイトル違うんですが、webで読めます。
http://p.booklog.jp/book/39260
これは、それほどまとまっていないような印象を受けたお話かなあ。
優しい男の子のお話だ。
こんな子が家族だったら、いいなあ。


「日付変更線」
オムニバス形式のお話。
とても面白かった。
イケメンだけど、女の子に癒されたくてたまらなくて、
何又もかけまくっちゃうような男に関わる人物たちが、繋いでゆくお話。
いい話ではないのだけど。面白かった。


「ビオトープ」
とても短いお話。
でも、そうだな。真乃がよく考えることと似ていた。
短いけれど、得るものがあった。



テキトーな感想で申し訳ない。
そうだなあ。どの作品も表現し難い、雰囲気があって。
それが、真乃にとっては心地の良いものではないのだけど、
心地よいとこまで行く、一歩手前のような、そんな感じ。
先が明るいトンネルから、あと少しで出られる、そんな感じ。
お話的には、トンネルの先は、ほんのりと明るかったり、真っ暗だったりなのですけれどね。

「続き」のあるお話もあったりで、だから、ハッピーでもバッドでもないし、エンドでもないから、
もやっとしてしまうのかも。
この、もやっと感が、とても文学的で、真乃には書けない。
終わりじゃないのに、終わりにしてる。
何かしらの答えを主人公は得るのだけど、それが正解かどうかは分からない。


BLも書いてるっぽいので、要チェックな作家さんです。
いや、BLじゃなくても、要チェックです。

BL本を出して欲しいです……

スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old