categoryどうしようもない日記

真乃のプロットとか、小説の書き方とか。

trackback0  comment0


小説の書き方って、みんなそれぞれ違うと思うんですよね。
そこは、あまり思考錯誤しなかったりすると思うんですよ。

真乃が小説を書く上で学んだのは、2作以上を同時進行しない、ということでした。

同時進行、真乃は向いていなかったようです。


ネタをあれこれ考えて、
あーゆうの書きたい、とかで作る時もあるし、
普段の妄想から作る時もある。

その中から使えるものを拾ってきて、
イベントのスケジュールを見ながら、書くものを決める。

ちなみに、真乃のネタ帳はPCのテキストファイル。


小説はテキストで書きます。横書きですね。あとでワードにコピペです。

まず、登場人物を書き出して、簡単な設定とか、
役割なんかをメモします。

んで、何も考えずに、頭から本文を書いてゆきます。

簡単なプロットがある場合もありますが、
どれくらい簡単かというと、10行くらいです。

本文を書いていて、つまってきたら、
もうちょっとプロットを書き加えてゆきます。
それでも20行くらい……

おもいついたセリフなんかもメモします。
途中で資料を探したりして、
そのメモもコピペしたりします。

んで、また書き進めて、また詰まったら、細かくプロットを書いてゆきます。
主人公をどう動かすかとかを考えながらですね。

どれくらい細かいかというと、
ひとつの区切り(章ではない)で、10行~20行くらいですかね。
……それほど細かくないですね……


つまり、本文を書きながらプロットを書いてるような、
行き当たりばったりな書き方をしているわけです。

プロット通りに主人公が動いてくれないこともあるので、
書きなおしたりもあります。


さて、何をこの記事でお伝えしたかったかと言いますと……


自分は基本、あまり悩みません。
2択くらいでしょうかね。
フローチャートと同じです。

主人公は何かしら選択をしながら、その都度考えて、成長していく。

だから、主人公はけっこう大事で。
主人公がネガティブなら、お話もネガティブになる。

キャラクタの視点を変えるだけで、全然違うお話になるし、
テーマも変わってくる。

自分は何を書きたいのか、選べるのは書く人間だけ。


だから、プロット勉強会で色んな案が出たかもしれないけれど、
答えっていうのは、本当は作者の中にしかない。

まわりが言えるのは、ここはどうなってるの?とか、
そういう理詰めの部分であって、
あとは、好き、嫌いかなと。
好き嫌いというのは、どちらかといえばこうゆうお話が好きとか、
このキャラクターの話が読んでみたいとか、そうゆうこと。

どうしたら、読者に作者の書きたいことをよりわかりやすく伝えられるか、
ということが重要なのね。

だから、道からそれてしまってはいけない。

こっちも書きたいけど、あっちも書きたい!
どっちがいいと思う? っていうのは、有り。
もしくは、どうやったら、両方書けるかな?っていう感じ。


そこにさらに、じゃあ、読者は誰よ、ってことにもなってくる。
(真乃はあんまり考えないけど……)

もし真乃がお勉強会にプロットを出して、多くの方からこうした方がいいよっていう案を頂けたとしても、

うーん、それは、真乃の書きたいことと道が違っちゃうんだよなーで却下になることもあるってこと。


主人公の歩く道が、遠回りになるのは良いと思う。
この道じゃあ、ちょっと説得力ないよねってことになったら、道を増やす。
その道を一緒に考えて頂けたら、それはきっとすごく嬉しい。


視点を誰にするか、主人公を誰にするか、というのは重要なのだなあと
改めて思いました……

真乃には視点をころころ変えている作品があるので、
もっとよく考えなくてはいかんね……と反省しました。


もし、小説を書いていて、悩んだら、そんなことを考えればいいのかなって思います。

何を書きたいのか、伝えたいのか。
そのためにに主人公を誰にするのか、どう動かすのか。


基本なのかもしれないけれど。

ついつい、雰囲気とか、書きやすさに走ってしまう真乃だから……


この小説はいったい何が書きたかったんだ!???って思われないような小説を書こうね、自分。


スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old