category感想

『緑ちゃんの話』@朝顔日誌 感想と文体について語る

trackback1  comment1
『緑ちゃんの話』@朝顔日誌

この本は表紙がモノクロなんだけど、とても綺麗。
だから買った。
タイトルを見て、なんか優しそうな話だなと勝手に想像したのもある。

合同誌と言って差し支えないだろう。
「緑」が主人公の2編の短編小説が読める。
たぶん、別々の「緑」なんだと思うけれど。
こういうのは珍しいんじゃないかな。
主人公の名前が「緑」っていうだけで、テーマとかはそれぞれ違う。
つまり、主人公の名前、別に「緑」じゃなくてもいいんじゃない? ってこと。

……言ってはいけなかったかしら……


「緑ちゃんの話「evermore.」」著者:半田

「その海はー」から物語が始まる。

……「その」はどこにもかかっていない。
ので、ちょっと、最初から「ん?」って思う。
でも、まあ、冒頭はよいよ。

冒頭は一人称。次は三人称の「緑」視点。
次は緑の一人称。
だけど、ちょっと読まないと、緑の一人称だとは分からない。
そして、冒頭に出てくる人物はまだ謎のまま。
で、誰やねん!ってつっこみたくなる。
ちょっと読めば、分かるのに。
短気なひとにはお薦めできない本かもしれない……

三人称の視点もぶれている。

だけど、やはり、とても優しい物語だった。
感動という言葉は使えないけれど、とても安らいだ。
そして、もっと深いところまで知りたい。読みたい。
そう思った。

そして、文体がとても好き。なかなか、優しい文体の小説に出会えないので、とても嬉しい。
色々書いたけれど、次も買いたいと思う。
それくらい、好き。
表現は少しわざとらしさを感じるけれど、言葉がとにかく優しい。
技術なんてたいした問題じゃない。
物語と、読める文体。私にとっては、それが1番と2番。


三人称は難しいよなー……
偉そうなこと書いてるけど、三人称の視点がぶれてるのは、おれも同じ……


「みどりちゃんのふしあわせ」著者:平野麻依

言葉まわしって言うのかな、かなり独特。面白い文体だと思う。ちょっと読みにくいけれど。

一文が長いので、あたまの悪い私は理解するのに時間がかかる。んん。
ずっと長い。息つく瞬間は段落が変わった時のみ。

でも、そう。
その過剰なまでの文章が、まさしくこの物語の「緑」を表していると言っていい。

うん、そう、ただ、それが会話になったとしたら……
そんな風にしゃべるひとっているかな?って思う。
自分で自分のこと「私のからまわりする気遣いや不器用な優しさうんぬんかんぬん」とか言わんでしょう。
ものすごい違和感なんだけど、

でも、嫌いじゃない。

だからこその小説。
この空気、雰囲気がいい。
文芸だと思う。

意図的、ですよね。
意図的であって欲しい。

意図的じゃなかったら、怖いから。


どうでもよいけど。
文体に慣れたら一気に読めた。
こんな長台詞、言ってみたい。
おれは、頭の回転も遅いから、こうやって文章を書くくらいのスピードでないと、考えを言葉にはできないからね。
遅すぎて、会話となると、難しいね。
ちなみに、タイプスピード、遅いですからね。
頭の回転もそれくらい遅いってこと。
なんだって、こんなに遅いのかしらねー


合同誌は福袋みたいなもので、好きって思える作品だけが載っているわけじゃない。
前々回の文学フリマで買った二人組の合同誌は残念ながら、ひとつは微妙だと思った。

半分が面白くない(って言ったらあれなんだが……)小説だったら、その本の価値も半分になってしまう。
ちょっと、損をしたような気分になってしまうかもしれない。

私は読むものを文体で選んでしまう。
これでも、色々読んできて慣れてきたはずなのだけど、ダメだって思う文体がある。
プロアマ問わずに。
どんなに物語が優れていようとも、綺麗な言葉が並んでいようとも、
その文体に「血」が通っていないと読めない。

文体にはそのひとの個性が出る。
個性が出るもの。
だというのに、意外と無機質な、無個性な文体を書くひとが多い。
個性のない文体だと、面白いって思えない。

あとは、そのひとのダークサイドまでもが見えてしまうような文体は、精神的にきつくなって、読めない。
そういう文体のひとはすごいと思うけれど。内面を隠さずに、文体にまで滲んでいるのだから。


こちらのサークルさんのは、珍しいくらいにお二人ともにそれぞれ違った個性のある文体で、
面白いと思った。


こちらの本は次も買いたい。
また、優しい物語を読みたい。
クセになるような文体で書かれた物語が読みたい。
この本だけでは、まだまだ全然、足りない。
もっと読みたい、そんな風に思った本。

でも、そうだな。
これが短編じゃなくて、個人誌だったら、おなかいっぱいでもういいやって思ってたかもしれない。
合同誌として、成功しているんじゃないかな。

これからもお二人で続けてもらいたいです。
続けてもらわないと、買えなくなってしまいますからね。

スポンサーサイト
categoryイベントとか

第15回文学フリマ 感想

trackback0  comment0

結局売り子さんは見つからないまま(まあ、緩募でしたしね)向えた第15回文学フリマ。

私は、今回重要な任務を背負っての参加でした。

それは「文学フリマ非公式ガイドブック小説ガイド第二版」の販売。


なんで、早く行こうと。
いつも遅いですし。
したら、早く来すぎた。

おかげで、すぐに入れましたけれどね。
ガイドブックも受け取り、設営も順調に。

お隣はこくまろさんの「漢字中央警備システム」さん。
後ろは小高まあなさんの「人生は緑色」さん。
ななめななめ後ろは佐藤亜希子さんの「鹿ソウル」

知り合いのサークルさんに囲まれたうちのサークル。

これ、けっこう恥ずかしいですよねって後になって思いました。
最初は嬉しかったけど。
うちの手際の悪さとかがバレるという。

反対隣は竜崎飛鳥さんの「満月堂出張所~♪」さん
竜崎さんからお菓子を頂いてしまいました!


お昼ご飯を食べて、買い物へ。
お留守をこくまろさんとこくまろさんの相方さんへ任せてしまいました。
どうもすみませんっ
ありがとうございました!


ガイドブックで気になったところと、知り合いのところへ。
本日の大収穫は、ずっと探していた本の続きが買えたこと。
今度はこの本をガイドに推薦したい。

売れないと思っていらっしゃるのか……
机の下からごそごそと取り出して売って下さった。

はいりさん(@チーム40)も同じく。
はいりさんの本が買えて嬉しかった。
すっごい秘密にしようとするのですもの。普通に文フリのサイトで調べてもわからんし。
今回ははいりさんのブログからスペースNO.を調べました。宣伝もそのブログの1回だけという。
そもそも、なんではいりさんがうちの本を買ってくれているのか謎。
伺ったら、なんか残念そうにしてました(笑)


あとは、表紙が素敵で買ったところは、なんか大喜びされました。
どんな話なのか、よくわからんかったから、手に取られにくかったんだろうなーと。
表紙、素敵なのに。


そして、近江舞子さんと握手できた幸せ。
おれは握手して下さいって、言えねえなー 恥ずかしすぎでしょ。
近江舞子さんは、本当に真摯に接して下さいました。
見習いたい。
けど、買ってくれたひとにはいつも舞い上がってて、そんな落ち着いてられない……
だから、お顔も覚えられないuu
すみませんです。


そして職場の本部のMさんが……
これが最大の事件でしたー
恥ずかしすぎでしょ。もう。


色んな方がお見えになって下さり、幸せでした。
こくまろさんとこくまろさんの相方さんには手伝ってもらったあげくに、本を買ってもらいましたし。
みすてーさんもうちに寄ってくださって。
かしてるさんとひろ教授も。
まあなさんも佐藤亜希子さんも。
そして、霜月みつかさんも。みつかさんの趣向とは全然違うのに。
本を買った先の方も「先ほどうちの本を買ってくれましたよね」とわざわざ訪ねて下さったり。
別に名乗ってないのに。近くのサークルさんでもなかったのに。
(こくまろさんのとこに来た人は、スペースNo.言って去ってましたね)

うちは、ホント、読み手を選ぶ本なので、嬉しいです。


そして、11本持って行ったブックマーカーが好評で、7本離れてゆきました。
どれも1点もののデザインなので、ちょっと淋しいような気もしましたが。
ほとんどの方は、本には目もくれず(笑)
コミケにも持ってゆきます。
ブックマーカー作り、簡単で楽しくて。まだまだいっぱいおうちに……

しかし、家に帰って、まあなさんの本を見たら、同じ意匠のブックマーカーがおまけでついていて、驚きました。
パクったみたいになってしまった。
まあなさんの手作りのブックマーカーも可愛くて、うちの母絶賛。
大事にします。


肝心の本の方は……
もはや、冊数をカウントしてなかったんですけれども……

新刊「ホテル惺明館のお客様」 8冊くらい
既刊「彼の指さすもの」 7冊くらい
既刊「どうして」 2冊くらい
既刊「神さまが隠して」 6冊くらい
既刊「欲しい言葉」 2冊くらい

計25冊くらい

いつもこんくらいですね。
しかし今回は、こくまろさんの相方さんとMさんが全買いしてくれたおかげです。

なぜか、初めての方は「神さまー」を買ってゆく……
舞台が現代だからかもしれん。
おかげさまで、今回で売り切りです。
1冊残りました。もし、欲しい方がおりましたらご連絡を。

もっとも肝心な文学フリマ非公式ガイドブックは、
うちではけたのは15冊。
5冊は買い取りました。
コミケに持って行きます。
売れんかったら、友人に押しつけます。


ブース風景は……買ってってくれた方がなんか写真撮ってくれましたので、どっかに載ってるかも。

……写真撮るほどのサークルか!? うちは。


閉会後、大慌てで撤収作業。
しかしやはり、遅くって、こくまろさんに机とか椅子とか……orz

どんだけこくまろさんとか佐藤亜希子さんに世話になってんだおれっ

本当に、どうもありがとうございました!!!


いやー 荷物は案の定増えてますしね!


そして打ち上げへ。
そこらへんは鯨さんがブログで書いてるので、そちらを参照のこと。

http://suikageiju.exblog.jp/18180692/

鹿ソウルの佐藤さんに今度はゆっくりと、とか言ってしまったけれど、
文フリガイドに参加していると、反省会をエスケープしないと無理なんじゃ……って後で思いました。


しめ。
色んな方に会えて、楽しかったです。
いやー 疲れた。


参加されたみなさまお疲れ様でした!

categoryイベントとか

第15回文学フリマ 参加告知

trackback1  comment0

11/18(日)開催 第15回文学フリマに参加致しますので、お知らせ致します。

もう何度も言ってるけれども……
新刊が無事できましたので……


サークル名:Natural maker
スペースNo.:D-15


 頒布物

【新刊】
「ホテル惺明館のお客様」 ファンタジー 読切り オンデマンド ¥200

 高級ホテル惺明館に不思議なお客が来館する。
 そのお客の要望に応えていくうちに、惺明館は変わっていく。
 オーナーとオーナーを取巻く人々の物語。

 相変わらずお説教くさいです。あるどろと似ている部分がありますです。
 オンデマの出来はビミョーなんですが、いつものコピーと思っていただければと。

 創作文芸見本誌会場 Happy Reading
 http://books.doncha.net/happy-reading/detail.pl?uid=158262253&bookid=255

【既刊】
彼の指さすもの」 ファンタジー 短編集 ¥100
「どうして」 童話風ファンタジー 短編 ¥100
「欲しい言葉」 BLファンタジー 読切り ¥100
「神さまが隠して」 現代ファンタジー 短編集 ¥100


【企画参加】
「文学フリマ非公式ガイドブック 小説ガイド 第2版」 ¥200

 面白い本を紹介しております。
 真乃は4つも推薦文を下手な文章で書いてしまいました。
 うちの本よりも面白く価値あるものですので、是非、お買い求め下さいませ。


 文学フリマ非公式ガイドブック小説ガイド 
 http://bunfreeug.web.fc2.com/
 http://bunfreeug.web.fc2.com/guide.html
 


【ブックマーカー】
 乙女向けの紐タイプのブックマーカーを数点持っていきます。
 ¥400~¥600 で販売します。
 うちの本には必要ないのですが……
 どれも1点ものですので、早いもの順です。


【無料配布】
 ■フリーペーパー「芳田さんの伝説」
 まだできてません。出ないかもしれません。出来たとしても、スペースに置けないので、入口のとこのチラシ置き場に置いちゃいます。そんなに部数は持っていかないので、お早めにー 需要があればあとでpixivにて公開致します。
 ノンフィクションの現代ものOL短編です。文体は棘を削るために童話調になっています。無料なので、貰って損はないかと……

 ■しおり
 スペースにてしおりを無料配布してます。本を買わなくてもご自由にどうぞであります。
 今回は男性でも使いやすいようにストライプ柄も用意。
 どんどんもってけー!


 以上であります。
 となりは「漢字中央警備システム」さんであります。
 ご迷惑をかけないようにしなくては……


 どうぞよろしくです。
 売り子さんもまだ緩く募集してますよ(笑)
 流石に無理かなー……
 ま、仕方ありません。


  文学フリマ
 http://bunfree.net/

New «‡Top‡» Old