category感想

「浄められた花嫁の告白」「プリザーブド フラワー」他 感想

trackback0  comment0

■西瓜鯨油社「浄められた花嫁の告白」
ミステリーの最初と最後を読んだようなお話。人物が個性的で面白い。愛の重さを知った。
オチも秀逸。もうひとつの短編も鯨氏らしい。やっぱし、みたいなラスト。


■Lumiere「プリザーブド フラワー」
乙女椿を吐くという少女とリストカットする少年の切ない恋愛もの。(っていうと語弊があるかもしれない)
純文学は苦手なのだけれど、鳥久保咲人氏が書くものは清々しくて、悲劇なのに、読後感が良い。
ほっとする。

■Lumiere「世界の終わりに人は何を祈る~少年Aの場合~」
秋山写氏の作品。ものすごく軽い神様(創造主)に笑ってしまう。そして、たぶん、悲しい話なのだけれど、とても前向きになれる話。読後感がいい。



■シアワセモノマニア 「世界が終ったその後に。」
一昔前のラノベっぽいお話。残念だが、特に得るものはなかった。
でも、他の作品も気になるところ。

スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old