category感想

■1103号室。霜月みつか「self;control」「Selection」「complex」「少女23区」「雨の日、テトラポッドで」感想

trackback0  comment0
■self;control
短編集。
http://ameblo.jp/smmt1103/entry-11242845329.html

「電気ウナギ」
不感症に悩む女子の話(違うけど)
女子にも色々あるよなー とか思ってしまう。
色々試したいとか。なかなかオープンにはできないけれど。
まあ、言わせればアレだ。男が下手くそなんだよ。
濡れない女の子にはジェルを使うとか、すりゃいいんだよ。
それを女子のせいにするなんて。けしからん。
そう思った……

じゃなくて、
そもそもまず、主人公は不感症ではなく、男性との性行為が気持ち悪いというものなんだが、
その悩みを生々しくも描いている。
したいのに、できない。
でも、ラストにふっきれた彼女は魅力的だ。


「コントラスト」
面白い話だと思った。三角関係の究極系なのではないだろうか。そして、こういう人もいるんだと、小説の中の話であるのに、そう思った。実際にいると思う。というか……女装男子は、コミケに行けばたくさん会える。
でも、この女装男子の主人公は、心は男であると言うのに、確かに、乙女だった。
こんな青春があっても良い。そう思った作品。


「いつかはみんな死んでいく」
主人公はみつか氏にしては珍しく少女ではない。中年にさしかかろうかというアラフォーの女性。とても意外だった。だから、油断していたのだと思う。この主人公が、少し自分と重なる部分があった。いや、半数近くの女性は重なるのだと思う。
泣きそうになった作品。


■Selection
http://ameblo.jp/smmt1103/entry-11241881231.html
既出の短編集。でも読んだことのない作品がありましたので購入。
まさしく「Selection」選ばれた作品。過去に発行された本の再録集でもある短編集。

「色仕事」
ミナという肌の白い女の夢見る叔父はキャンパスにその肌色を描く。
甥の主人公はその親戚中に嫌われる叔父に接触する。

ちょっと不思議が残るお話。消化不足のような気もする。
叔父さんが哀れでならない。
ロマンチックと基地外は紙一重なのかとも思った。


「厭世旅行(ver.1)」
少女23区の方の教師視点のお話

いそうだよな、こんな教師。
人は、目的や趣味、好きなこと、好きな人がいなくても、生きてはいける。
ただ、虚しさと常に同居だが、それすらも慣れていってしまった人間のお話。
死にたいという教え子がいたら、普通はダメだとか、もっと希望のもてる話をするのが教育者なのだろう。
でも、希望を持っていない主人公はそんな言葉も言えず、また、それを教え子に見透かされていた。
最後の望みは世間の常識というものに阻まれる。
でも、彼はそれすらも受け入れる。
それで得たものは「恋」だった。

得られたものが恋なんて、素敵ではないか。
どれだけの人間が、彼の予備軍であるのだろう。きっと、想像よりも多いのではないかと思える現実。
そういったことを教えてくれたお話。


「幸福なカントフネブレ」
バイト仲間の自殺の原因を求めて、彼の通っていた大学へ潜入し、そこで淋しいという女と出会う。

こういうのは、結構好きだ。潜入とか、どきどきするではないか。
ただ、物語のテーマはそんなことではない。
死んだ人がどんな想いを抱えていたのかは、結局はわからない。
何又もかけている女が原因だったのかもしれないし、そうではなかったかもしれない。
つまらないようなことでも、本人にとってはそうではないのかもしれない。
でも、死んだひとのことを知りたいという思わせる、その故人のすごさ、仲間意識、そんなものを見せてくれた青春物語。


「感情ショートライン」
いじめを受けていた女子を好きになった男子の話。
野ブタもいじめを受けてた女子を好きなるお話だが(厳密には違うのか)
ただ、この女子が死んでしまうという。
主人公は好きでありながらも、彼女をいじめから救うことはできずに苦しんでいた。
本当なら、いじめが良くないものであると知っているのなら、止められるはずなのだが、この恋を知られたくないという葛藤が彼にはあった。
というか、いじめられても凛(?)としている彼女が好きだったのか。
恋心というのは複雑だ。
男子はもうちょっと単純でも良いと思うのだが、これが、思春期のなせることなのだろう。きっと。
だが、彼女は死んでしまう。
彼女を好きだったことも叫ぶ。
これほど、無意味なことはないのではないか。
でも、それしかできなかった。そうしたかった。
彼は、クラスから孤立するかもしれない。
やるせないとも違う。虚しいとも違う。
他人から見たら無意味なことも、彼には意味があったのだと思う。
そんなこともあるのだろう。そういうことを知った。
長く生きてる私の方が、知らないことが沢山ある。
みつか氏は、それを作品で教えてくれる。


「ケサランパサラン」
求めていた「少女像」が、引きこもりの弟だったというお話。
すっごく好きな話だ。
女装男子再び。
くっそ、兄、そこで弟襲っておけよ! とか思ってしまうのは、私が腐っているからだ。
非常に残念……

ではなくて。

もうここまで「少女」に固執する兄も十分変態である。
弟は「男」になっていく自分に絶望を感じているけれど、
大丈夫だ。
理解のない家族なんか捨ててしまえ。
というか、理解しようとしない家族か。
大丈夫だ、永久脱毛もある。ホルモン療法もある。
金はかかるが、どうだ、あのタイのおネエさんどもは。
女としか思えん。

と、応援したくなる話でありました。(違う)

「少女」とはどんなものかを切に説いた話……なのだろうか。
肉体的には限りなく「少年」に近いのかもしれない。
タイトルが意味をよく表していると思う。

でも、ラストは「少女」を捨てた(?)弟と、
同級生の少女に妥協した兄のなんだか微笑ましいシーンで終わる。
素敵な読後感。

みつか氏らしくない話なのかもしれない。
でも、私はこのお話が1番好きだ。

いやいや、もうね、ダメなんだけど、
弟は兄の弱みを握ったも同然だよな……とか。
もう、妙な妄想をしてしまう。私が腐ってるから……
(まあ、逆も然りなんだけどね……)
ともかく、私の脳内では可愛い弟くんの姿がありました。


腐女子は読んでみるといい。



■少女23区
amazon

「少女」をテーマにした短編集
青鈍色(あおにびいろ)/バイト先の店長の家庭を壊そうとする家庭崩壊の少女。
厭世旅行/担任の教師を自己に投影して巻き込もうとする少女
ウメナイキカイ/好きな女の子になりたくてその子の真似で援助交際してしまう少女
ミカエル/美少年に好かれて自分自身を見失う少女
オルガニズム/片目にコンプレックスを抱いた少女
少女観念/いつまでも少女でいたい元・少女


けっこう前に読んだもの。
印象に残っているのは「オルガニズム」かな。
コンプレックスが手間がかかるけれど直せるのなら、必死になる。
私だってミニマムサイズなのは悩みどころだが、どうしようもない。諦めがつくってものだが、そうではないのなら、必死になるだろう。
私の遠縁の子も整形した。それも、まだプチ整形なんて言葉がない時にだ。

コンプレックスというのは、きっと恋をすることで強まるのかもしれない。
恋愛対象の人間に、それを言われたら、こんなやつって怒るのと同時に、直したいと思うだろう。

主人公は、そういうアクティブな人間でもないし、また、必然的に家族も古めかしい考え方を持っている。
それが悪いとは言わないけれど、コンプレックスがなくなったら、どれだけ晴れやかな気持ちになるだろう。
それくらい、重いものだ。

そんな少女の切ない想いが描かれている作品。


「ミカエル」は、いつもと違う一人称で楽しめた。
少女マンガのようなお話。なんだけど、だんだんダークに……
こういうのは私の中にはないので、実はストレスがたまる。

「厭世旅行」もそうだが、「青鈍色」も……
みつか氏の描く中年男性は、暗い……
そういう方がお好きなのかしら……




■COMPLEX
amazon

第13回文学フリマで入手した本。
短い話ばかり集められたもの。
テーマはタイトルの通り。

「人見知り」が中では好きかな。
本当に短い文章の中で、人間をよく描いていると思う。

「わたしは」から始まる文章はテンポもよくて、入りやすい。




■雨の日、テトラポッドで
amazon

第13回文学フリマで入手したもの。

BL小説。(とは言ってはいけないような気がする)
うちのぬるいものとは違って、とてもシリアス。とても重い。でも、これが現実なのだろうというリアル。
私は腐女子ですから、こういうお話は大好きで。
今はおそらく、こういうBL小説は減ってきているので、すごく嬉しい。
私は腐女子ではあるけれど、最近のBL小説はパロディを除き、ほとんど読んでいない。
昔は、こういったシリアスなものが多くて大好きだった。
いや、今のもシリアスはシリアスなのかもしれないけれど、ピンクの表紙を見ると、どうにも精神よりも性に重点を置いているものが多いように思える。
同性愛ものに「性」はあって当たり前なのだが「精神」あっての「性」だと思っている。
そして、同性愛ものの醍醐味(?)と言ったら、やはり「切なさ」なのだろうと思う。
読み進めていくと、切なさでいっぱいになる。

切なさには、ある種の快感があると思っている。
感情移入することで、酔うのだ。
それは切なさとは相反するようなものかもしれないけれど、これが、私の好物である。


何より、ハッピーエンドだったのが救い。
もうね、バッドエンドだったら悲しすぎると、最後の方はハラハラしながら読んでいた。
読ませ方が上手い。


全然、関係ない話だが……
BL小説の多くの主人公、もしくは相手の名前が1文字であることが多い。
(小説の中のキャラクターと言えど、姓名判断を侮ってはならない)
1文字とは、孤独がつきまとう名前だ。

もしかしたら、主人公の「岬」の方が孤独を感じていたのかもしれない。



■総評

みつか氏の描く少女は人形のような美の中にありながら、艶っぽく魅力的である。
そして、陰鬱であるが、内面を素直に表に出している、不器用な少女をも描く。


本当に少女だけで、これだけのものが書けるというのがすごい。

もちろん、少女以外のものを書いても違和感はまったくないのだけれど、
みつか氏といえば「少女」だろうと思う。


前回の文学フリマ(第14回)で出展見合わせとのこと。
パワーアップした作品を読めたらうれしい。


スポンサーサイト
category感想

鯨鳥三日「耽溺」感想

trackback0  comment0
■鯨鳥三日「耽溺」
まさしく「耽溺」がテーマの合同誌。
私のはあたりで、4連結ブース記念冊子で、1・2ページが4枚という乱丁でございました。
http://twitpic.com/9ktse6


「キスフレ」霜月みつか
百合小説。みつか氏は本当に少女を書かせたら右に出るものはいないと思っております。
実は、百合小説は苦手なのですが、なのですが!
泣きそうになりました。本当に、切なかった。
私の中の百合(と言ってしまってはいけないような気がします)という概念を、良い意味で壊した作品。


「あの空に溺れて」鳥久保咲人
なんと、ドッペルゲンガーが主人公という、鳥久保氏の発想の豊かさを見せつけられた作品。
生きる意味、生きる目的、生きること 「生」に対して問題提起をしているもの。
こうだと決めつけない中で、主人公は「生き方」を選んでいく。
私のエゴのような小説とは違います。
自分の中でこうであると答えをもっている私でさえ、その問いに揺さぶられた。
答えの出ないもやもやがずんと沈みつつも、主人公の選んだ生き方に、清々しさを感じる。


「ローラ」牟礼鯨
ヒモ男が主人公のお話。彼女の良妻っぷりに感動する。
鯨氏にしては大人しいような印象もうけた。合同誌だからなのでしょうか。
しかし、赤の他人を現場に呼ぶようなことはまずない。(と思う)
そんなことは非常に些細なことだけれども。
ヒモ男の心情がリアルで、3か月無職だった私には、本当に苦しさが蘇ってきた。
ちょっと前まで、働かないなんて、とか思ってた自分。
働かないのではなくて、働けないのだとしたら、それはどんな理由であれ、苦しいことだ。
彼のために(ちょっと違うかもしれない)「女」として働く彼女の優しさの思い出を描いたお話はやはり、ちょっと切ない。



解釈が違っていたら、申し訳ない。
文学は説明するのが難しい……

categoryびみょうな小説

堕ちない君

trackback0  comment0
コミティア100 第14回文学フリマにて無料配布しました「堕ちない君」をPixivにUPしました。
シリーズものな上に、短編なのに登場人物多いとか、もうダメダメなものですが(だから無配)無配貰い損ねた超絶ヒマ人な方は暇つぶしにどうぞ。

Pixivにはやはりダメダメの短編、同じシリーズの「死神のセツナ」と、やはり天使ものの「ただひとりの。」も投稿してます。
合わせてどうぞ。


堕ちない君
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1053705
categoryびみょうな小説

「彼の指さすもの」

trackback0  comment0
「創作文芸見本誌会場 HappyReading」にて
コミティア100、第14回文学フリマ新刊・短編集「彼の指さすもの」の冒頭が読めます。
http://books.doncha.net/happy-reading/detail.pl?uid=158262253&bookid=159&p=1&max=161


ちょっとでもその世界観をご覧いただけましたらと思います。
category感想

「スコシの領分」「スイング スイング」感想

trackback0  comment0
■下町飲酒会 駄文支部  著者:日野裕太郎

「スコシの領分」
とても気になっていた1冊。
スコシの領分も闇憑きのハコベもやるせないような話で、スコシの領分に至っては3回くらいは泣きそうになった。良い本に出会えた。
ちょい残念なのは「彼」という三人称が時々誰だかわからなくこと……(私が頭悪いからかもしれん)


「スイング スイング」
現代もので、いじめられる主人公が自ら解決するお話(っていうと語弊があるかもしれない)
スコシの領分のシリーズとは趣が違う。

爽やかなお話。いじめを題材にしたものだけれど、いじめをなんとかしようとか、そういった教訓めいたものではない。
主人公が比較的ポジティブで、男だし、いじめる方も男だし、全然軽い。
(いや、いじめに軽いもなにもないとは思うけれど、女のいじめの方が怖いという印象が私にはある)

誰もが悩みを持っていて、それを肯定していく。悪いことじゃないと言われることや、避難されないことは、とても嬉しいことだと気づかされる。
他人から見たら些細なことでも、悩みというのは自分が思っているよりも、自分のこころの多くを占めているものであるのだと思った。

短いお話だったけれど、多くのものを得られたと思う。
category感想

「浄められた花嫁の告白」「プリザーブド フラワー」他 感想

trackback0  comment0

■西瓜鯨油社「浄められた花嫁の告白」
ミステリーの最初と最後を読んだようなお話。人物が個性的で面白い。愛の重さを知った。
オチも秀逸。もうひとつの短編も鯨氏らしい。やっぱし、みたいなラスト。


■Lumiere「プリザーブド フラワー」
乙女椿を吐くという少女とリストカットする少年の切ない恋愛もの。(っていうと語弊があるかもしれない)
純文学は苦手なのだけれど、鳥久保咲人氏が書くものは清々しくて、悲劇なのに、読後感が良い。
ほっとする。

■Lumiere「世界の終わりに人は何を祈る~少年Aの場合~」
秋山写氏の作品。ものすごく軽い神様(創造主)に笑ってしまう。そして、たぶん、悲しい話なのだけれど、とても前向きになれる話。読後感がいい。



■シアワセモノマニア 「世界が終ったその後に。」
一昔前のラノベっぽいお話。残念だが、特に得るものはなかった。
でも、他の作品も気になるところ。

categoryイベントとか

コミティア100と第14回文学フリマ

trackback0  comment0
長文なのでご注意下さい。

参加されたみなさま、お疲れ様でしたー

準備とか色々含めて、こんなに疲れたことはなかったというくらい疲れました……


今回はノベルティも作りましたからね。

無職の時は創作ってできないもんで……考え始めたのは今年に入ってからでしたか。

とりあえず、途中まで書いていた天使ものと何かと考えていて。
普通なら新刊1冊あれば良いのではとか思うのですが、天使ものは無料配布と決めてましたので。
そうすると、無料だけだと寂しいなーとか思って、何か、何かお金とれるもの、ということで考えてました。でも、ネタがない……得意なものを書くということで、今回の短編集になりましたが、決めたのが2月の下旬くらいですか。

短編なら休み1日あれば書ける。
とか思ってたのですが……そんなことはなく……

しかも、保険証があるうちに、とか思って歯医者に始め、毎週土曜日がつぶれ……
4月に入ったら、天気にも恵まれず(関係ない)

結局ギリギリに……

ノベルティも安易に
しおりを作ってみたーいとか思って。
サークル「鹿ソウル」さんのマネをしました。

ノートなんかも作れるんじゃね?
とか思って。

つくってみました。

それにあたりまして、ゆめよいさんにイラストをお願いしました。
親戚の十代の女の子です。
http://www.pixiv.net/member.php?id=1768524

可愛いのを描いて下さいまして、にまにまでした。
おかげさまで、しおりは好評でした。(50枚くらい配った)


まだ本ができてなかったので、スパコミは1日目の大雨の日だけ行きまして、
ナルト(サスナル)とマギ(白ババ)のマイナージャンルだけ回りまして、急いで帰ってきました。

どなたにもご挨拶することはできませんで、失礼致しました……

戦利品を読むのもそこそこに、準備準備準備で連休が……
しかも風邪も引いたので、もう、ぐったりしながら作業してました……



そしてコミティア100

まず…サークル入場に時間がかかり……ペーパーラリー登録にも時間がかかり……
疲れていたので、スペース内で何もできず、寝てました……

新刊がちょい出ました。
あとは知り合いさんに貰っていただいたり。
貰ってくれてありがとうでした。


そのあとは結婚式の二次会へ。
バスで東京駅へ。バスは久しぶりでした。
大荷物をロッカーに預け、会場へ。(ロッカーは近くのが辛うじて1つだけ空いてて助かりました)
美しい花嫁さんを見て、いいなーとか思ったり。
プチ同窓会で楽しかったです。


が、本当に重いキャリーのおかげで右腕が死にました……
グラス持ってるだけでプルプルしてました……


んで帰って文学フリマの準備をし、
(コミティアでの在庫を整理して結局在庫のほとんどを持っていくことに)



そして第14回文学フリマ

早めに会場内に入ったかと思ったのですが、うちの段ボールだけが取り残されておりました……みんな早いなー

準備して、見本誌出しに行ってたりしたらあっという間に開場。
お菓子をお隣さんへ配り、すぐにサークル佐藤へ行き、新刊と「文学フリマ非公式ガイド 小説ガイド」を購入。佐藤氏になんかちょっと呆れられる……

サークルチェックして、ごはん食べて、ちょっと落ち着いて。
その後は4回くらいにわけて買い物へ。

最後はやはり片付けを手伝ってもらうという体たらく……
なんで文フリ、あんなに片付けがみんな早いんだ!


全体の感想としては、やはりコミティアよりは文学フリマという感じ。

今回は配置に恵まれました。
入口に近いところで、たくさんの方に見てもらえました。


感想も頂けました。
話の感じが良いと。
お友達の分まで、全部買ってくれた方がいらっしゃいました。
期待外れな本がなければ良いのですが……

すっごい悩んで悩んでBLの「欲しい言葉」を買われた男性がおりました。
ちょっとイケメンの。
まさかのBL本でおどろいた。
悩んでいらしたのはたぶん、これは金を出すに値するのかという秤にかけていたものと思われ、
唯一、それが金を出してもよいと思われたのでしょう。


そんなで、うちにしてはかなりはけました。

コミティアと文フリ合わせて
新刊「彼の指さすもの」は20部ほど。差し上げた方もいるので(物々交換)出ていったのはもうちょい。
在庫はなくなっちゃいました。
目標は50部なので、また作りますけれども。つくるの面倒だわー…

新刊「堕ちない君」
は無料配布本だったので、やはりそれなりにはけました。30部作って、残りは3冊ほどに。
これは再版しません。あとでPixivに上げます。

……そうなると、次回の無配の在庫がゼロか……
何か考えねばならないかしら……

というわけで、前回の新刊だった「神様の思召し」も無くなり(これは15部くらいしか作ってなかった)
あるどろこと「あるどろぼうのものがたり」も
えー…1年半かけて50部配布できましたー わー
(うちにとってはすごいことです……)


出が悪い「どうして」と「欲しい言葉」はちまちまと売っていきます……


もう、文学フリマは疲れがふっとぶくらい、たくさんの方とお話しができて、楽しかったです。
おかげで、翌日は(今もですが)声が変です……
うちの本が買われていった時はもちろん、しおりを「いいですか?」と言ってもっていってくれたりするだけで嬉しかったです。

しかし、うちのスペースは本当に忙しない感じだっただろうな……
実は、こくまろさんがゲーム機持っていくって言うから、私も違うゲームだけど、持っていったのだけど、そんな暇はありませんでしたっ


最後に

貰って下さった方、買って下さった方、ありがとうございました。


戦利品は追々……ちょびっとづつ……感想と共にあげていけたらと思っていますが……続くかな……すみません……

New «‡Top‡» Old