categoryどうしようもない日記

わたし流 小説の書き方(文章編)

trackback0  comment0

文章編ですが、文章編しか書かないかもって思ってます……
初心者向けなので、文章うまいひとは鼻で笑ってやってください。

私の小説を読んだことのある方なら、ご存知でしょう。
私の文章がいかに稚拙かつ雑でど下手かということは。

こればっかりは、文才がないので、もう仕方ないとあきらめているのが私なんですけれども……

まあ、それでも、ど下手なりに気をつけていることを書こうかなと。

◆一文は短く。
こいつのせいで、かなり稚拙に見えるかなとは思うんです。
ですが、一文が短いと、文法を間違えにくいというのと……
(それでも文法間違える人間ですけれども)
読みやすいという効果があります。
あんまし、短く区切ると、単調な感じにもなってしまうので、まあ、余裕がある時は、気をつけてます。
一文が短いと、さらっ ぴゅっ っと読めてしまいます。
読みやすいってことなんですけれど、私はど下手なので、読ませる文章っていうのは書けないので、
読みやすくすることで、最後まで読ませようとしてます。
最後まで読んでもらえなくては、小説を書いた意味も半減してしまいますからね。

◆体言止めをあんまり使わない。
体言止め、便利なんですけどね。
こいつを多用してる文章は評価しません。下手だと認識します。
ここぞという時だけ、使うようにします。
なぜかというと、体言止めって最後まで書いてない文章ってことなんですよ。
最後まで表現する力がないと思われます。
ので、あまり使いません。
表現力なくてもっ 苦しくても、あんまし使いませんっ

◆三点リーダを多用しない。
私はこいつが大好きで仕方ありません。上みれば、もう3か所も使ってるじゃないですか。
こいつも体言止めと同じで、文章で表現してないとみなされます。
多用しないように気をつけてます。
ラノベなら、いいかなとは思いますけれど。
会話文の「……」は絶対使いません。
これはもう、だめだめです。表現方法としてももう、古って感じです。

◆難しい漢字は使わない。
なるべく漢字はひらくようにしてます。
中二病みたいにならないように。
ここのバランスは結構、難しいと思いますよ。
なんか難しい単語で漢字使ってるのに、三点リーダ乱用してたり、体言止め乱用してたりすると、あ、って思います。
あ、もったいないって。
上の二つ、重要なんですよ。
漢字とひらがなの比率は、3:7くらいが良いなと思ってます。
が、今のところ、2.5:7.5 くらいです。

◆会話文と地の文のバランスは3:7 に。
あんまり意識はしてないですけれど。
ラノベなら、もうちょっと会話文が多くてもいいかなと思いますし、
純文学なら、もうちょっと地の文が多い方がいいかなとか思います。
今んとこ、わたしは 2.5:7.5 です。またしても……
説明文が多いんですね……反省材料です。
ノベルチェッカーで調べられるので、参考に。

◆三人称で彼、彼女を多用しない
とかいいつつ、便利なので使うんですけれども……
あんまし使うと、誰やねんってなるので、あんまし使いません。
うざくても、名前書きます。
名前を書かない、つまり、主語を書かないという方法もあるのですが、ど下手には難しいので、素直に名前を書いてます。
くどいですが、名前(キャラ名)書いてます。


他にもありますけれど、実行できてませんね。
同じ言葉を同じページ内に使わないとかな!
語彙が少なすぎて、このあたりは、うなりながら目をつぶってます。
語彙力がある方が羨ましいですね。
読書量が少ないせいです。

文体はひとそれぞれですけれど、私の一文が短いのはわざとです。
かっこいい文章は書けないですけれど。
昔は……綺麗とか言われてたんですけれど、かなり文体を変えました。
漢字も「人」ですら「ひと」とひらいてることが多いです。
これは、まあ、あれです。
「人間」にはこころがあるけど、「人」にはこころがないから。
でも「人間」ってあんまし使わないでしょう?
だから、私は「ひと」とひらいて使ってます。
これは、私の文体の特徴かなって思います。
私は「人間」を描きたいから、ここはこだわりポイントなんです。
いえ、別に、ひらいてない文章の小説が人間を描いてないとか、そういうことは思ってませんけれど。

つまり、これもわざとです。

こんなアホでも、考えてますでしょう?
ど下手には変わりないんですけれど。

文章ひとつとっても、奥が深いとは思いませんか?
……私が文体フェチなのは、そこが大きいですね。
好き、嫌いの話なのかもしれませんけれど。
文体について研究してない方の文章はすぐに分かりますので、
いや、私もそこまで研究とかしてるわけじゃないんですけども、
全部、受け売りですけれども、
まあ、つまり、これくらいも研究しないで小説を書くなんて!
くらいには思ってしまっているという、心の狭い人間でありまして……

文体の研究というか、本を読んだ時に、じっくりと文体について見てみると、面白いですよ。
というお話でした。

いえ、本当にど下手なのにねえ。
偉そうにすみません。
変態かってくらいには文体フェチです。
美味しい小説は文章から……そんなこと思ってます。
つまり、美味しい小説をもっとたくさん読みたいんです!!

そんな小説にたくさん出会えますように。
お粗末様でしたっ
スポンサーサイト
categoryどうしようもない日記

新年のご挨拶

trackback0  comment0
明けましておめでとうございます。
旧年中はたくさんの方にお世話になりました。
ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

いつも、こんなブログを見に来て下さる方、ありがとうございます。

とうらぶにはまって、約1年が経とうとしております……

とうとう、兼さんのグッズまで欲しくなってきました。
買っちゃいました。

兼さんで検索すると、もれなくついてくる堀川とのらぶらぶな感じにぐおおお…となるので、検索もできず……
ひたすら自給自足……

支部で検索しても、常に1ページ目にある自分の投稿作……
増えない寂しさ……

せっかくメジャージャンルにはまったのに……
まさかのかねんばいずんばとゆーオンリーワンサークル……

1年経ちそうなのに来ない三日月宗近、
苦戦を強いられる三条大橋で拾えるらしい明石なんちゃら……

とても楽しんでおります。


勢いで、本も1冊書きました。薄いですが……
BOOTHさんにて通販も始めてます。
『かねんば』
https://natural-maker.booth.pm/items/166436

『ミスコレ! 2015』の通販も予約受付中です。
1/4より通常受付になります。
https://natural-maker.booth.pm/items/179474

宣伝でした。

去年は金沢、大阪に行けて良かったです。

そして、テキレボの第1回開催と第2回開催がとても良かった。
本当に、私の感想でしかないけれど、盛り上がったと思う。
そして、第3回に向けても盛り上がっている。
常にわいわいしている。
ずっとお祭りの準備をしている。
そんな感じでした。
(スタッフとしては、全然役に立ってないのですけれど……)


ただ、自分は小説をほとんど書いておらず……
仕事が忙しくてだめでしたね。
感想なんかも全然書けませんし、読書量もかなり減ってます。
積読がどれだけあるか……
あと2年はこんな感じかしらと思います。


創作でも書きたいものは残っていて、まだ止めるつもりはないのですけれど、頭が完全にとうらぶなので、
しばらくはとうらぶメインで活動しようかなと思っております。

まだまだ色々と自分の中で相談中ではありますが、
文学フリマへの参加をいくつか見送ろうかと思っております。
どれを見送るかは考え中です。

ついでに言うとお金もありません。
今年はちょっと凝ったコピー本とか、作れたらいいなあとか思ってます。

せっかくイベントに参加するなら、創作の新刊も欲しいです……
短編をなにか、ひねり出したいですね。

引き続き、テキレボのお手伝いをして、第3回、第4回を無事迎えたいなと思います。


それにしても、あれだ。
私のブログって……こう、リア充度が低いなって、思いました。
もっと、リア充したい……じゃなくて、させたい、かな。

ではでは
みなさまにたくさんの幸福がありますように。
世界がもっと平和になりますように。
categoryどうしようもない日記

文学フリマガイドブック推薦作募集要項の説明とかしちゃいます!

trackback0  comment0
文フリガイド編集委員会では、文学フリマで販売された、販売される(既刊)で、
推薦作品を募集しております。


推薦作の募集要項
http://bunfree.net/

そこで。
募集要項から読み取りにくい、読み取れない部分を説明したいと思います。


応募方法の
③ 推薦者様の活動情報(ブログのURL、twitterアカウント)

の提示について。

これはですね、推薦者さんが、どこの誰さんなのか確認するために必要な情報です。

自分の本を推薦してないか、ということです。(7/10削除)
別のアカウントで、さも本人ではないと装ってないか……とかです。
(※自薦可です。7/10追記参照下さいませ)

他にも、このひとはどんな本を読んでいて、どんな本にどんな感想を持ったのだろうか、文学フリマや同人誌にちゃんと関心がある方なのか、ということを確認致します。(そこまで厳密ではないので、ご安心を)

面白いものを知っている方なのか、ということですね。

自分は面白いものを知っているんだって、みなさん思っていらっしゃると思いますが……

でも、ある特定の作家さんだけしか読んでいないのであれば、
知っているとは、言い難いですよね。

Twiiterや、ブログで何を読んでいるのかすべてを確認するのは、難しいことです。
なので、Twitterやブログの他、レビューサイト等を提示して頂いても構いません。
ただし、昨日今日登録したようなSNSアカウント、ブログ等は認められません……
何もないわ…という方は、ちょろちょろっと、こんな作品が好きで、こんなのを読んできました、という自己紹介をお願い致します。
文学フリマ参加歴とかもあると良いです。
これは強制ではないですが、どんな方かよく分からなかった場合、こちらから色々とお伺いすることがあるかもです。
その際はご協力頂けるとありがたいです。


次。
推薦文の提出についてですが……
詳細は応募者に追ってマニュアルを送付しております。

が、その前に……
そもそも、推薦文の提出って何?
って思われる方もいらっしゃるかと思います。
真乃は最初、推薦だけすればあとは、責任編集者や他の推薦者が推薦文は書いてくれるものだと思っておりました……

ちゃんと、憲章にも書いてあるのです。
(つまり真乃はちゃんと読んでいなかったのです……)


推薦者はつまるところ、憲章でいうところの「編集者」となり得ます。
なり得るというのは、推薦作が選外だった場合はなり得ないということです。

推薦者さんは作品を推薦後、マニュアルを受け取り、推薦文を作成頂きます。
この推薦文は原稿だと思って頂いて構いません。
推薦文を書くのは、作品を推薦した推薦者さんになります。

その後、責任編集(想さん、秋山さん、真乃)で査読を致します。

査読の結果、ガイド掲載に至らなかった場合は、残念ながら、
ガイドの推薦者として紹介されることがなくなるということになります。
書いて頂いた推薦文の原稿もお蔵入りになります。

また、ヒトコト枠への掲載となった場合は、ヒトコト枠での原稿を新たに作成頂くことになります。


えー……ちょっとそれってビミョーなんじゃ……
って思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが!
推薦者(編集者)となったアカツキには、ガイドに紹介され、さらには、
出来上がったガイドを1冊貰えます!
(原稿料は出ません。すみません)

さらにさらに!
きっと行われるであろう、打ち上げに参加する権利を与えられ、
そこで、新たな出会いが生まれたりします!

なにより、ガイドがどうやって出来るのか、その工程を知ることができます。
より、理解が深められ、文学フリマガイドブックが好きになることでしょう。
そして、文学フリマもより楽しくなることでしょう。


面白い本がないか、文学フリマで探すようになるかもしれません。
俺が探してやんよ!っていう気持ちになるかも!


ご友人、お知り合いの方の作品でも構いません。
何作でも。
(たくさんあればあるほど、責任編集は死ぬほど大変になりますが、どうか大変にしてやってください)
一般参加者さんの推薦作応募、大歓迎です。
求めているのは面白い本なのです。

あなたの言葉で、面白い作品を紹介してみませんか?

推薦者応募: 2014年7月20日(日)
推薦文の提出: 2014年7月31日(木)

推薦作品募集要項
憲章

憲章および募集要項をよくお読みになりましてから、ご応募いただけたらと思います。

なお、推薦してやったよ!というご報告をSNS等で発信して頂けると盛り上がるかと思います。
けれど、推薦されました作品名や著者名、サークル名等は内緒にしてください!
盛り下がってしまいますので……


ご不明点、お問い合わせは下記まで。

文フリ編集委員会
bunfreeug★gmail.com(★は@へ変えてください)


どうぞよろしくお願致します。


※この推薦作応募要項は、第6号掲載分であり、第7号以降変更される可能性があります。
※この記事は、真乃が作成したもので、もしかしたら……違うとこがあるかもしれません。

...Open more

categoryどうしようもない日記

文学フリマガイドブック推薦作募集ですよ!

trackback0  comment0
文学フリマガイド編集員会 責任編集者になってしまった真乃です。

責任の文字が重いです。


文学フリマガイドブック
http://bunfree.net/#l5


非公式の文字が取れました。
めでたいです。

憲章、読んでみました。

4.委員会
(2)責任編集者 1名または2名

ん!?
え、別に秋山さんだけでも良かったんじゃ……
(秋山さんの負担増ですが……)


責任編集者と編集者(第5号では推薦者)は似ているけれど、違うんですよ。
「これを載せたいので、これは今回見送りたいです」
と言える権利を持っています。
(※真乃がそう言ったからと言って、その通りになるわけではありません)

なぜ、こんな役職を置くのか。

そこですね。そこが、書いてなくて、分かりにくいですね。

残念なことに、このガイドに掲載できる作品は限られています。
お金の都合だったり、ページ数の都合だったりするわけです。

推薦頂いた作品をどれか見送らなくてはならなかった場合とかに、この権限は発動されるわけです。
(他にも色々ありますけれど)


とても心苦しいものがあります。その責任を担っております。


編集者さんには、その権限はありません。
ここが大きな違いなのです。


毎回のように炎上するこのガイドブックですが……
正直、忙しすぎて、プレゼンとかしてる暇がありません。

こんな企画で、こうで、こうで、こうなんだよーってことが、分かりにくいです。
すみません……
そこは今後に期待です。


このガイドは、作家さんやサークルさんのためのものではありません。
サークルや本の宣伝と似ているかもしれませんけど、違います。

サークルや著者から宣伝費用を頂いているわけではありません。
だから、サークルや著者が推薦文の内容や評定文に対して、文句を言うのは的外れなのです。
(書誌情報が間違っているとかの文句は受付ます。きっと。ごめんなさいします。それしかしないけど)


文フリガイド編集委員会では、文学フリマで販売された、販売される(既刊)で、
推薦作品を募集しております。


推薦作の募集要項
http://bunfree.net/


私もどんどん推薦しちゃいます。
(推薦文、上手くないんですけれどね……)


もちろん、推薦作にジャンルは問いません!
ラノベ系、ファンタジー系、どんと来い! ですよ!


純文学に偏っていると言われる文フリガイドですが……
私は純文学の人間ではありませんし、
これまで推薦してきた作品もファンタジー多めですよ。

でも、純文学小説だって読みますし、SFだって読みます。
面白いものに、ジャンルは関係ありません。

わたくしたちに、まだ出会ってない小説を教えてください。
(おっと。小説に限らず、ですかね)

みなさんで、文学フリマを盛り上げて参りましょー!

なにとぞ、お力をお貸しくださいませっ
どうぞよろしくお願い致します。


...Open more

categoryどうしようもない日記

断片集について

trackback0  comment0
本の杜の企画「断片集」について、思ったことを書いてゆきたいと思います。

断片集はサイトでも読める他、歩登さんの手製文庫本として、本の杜にて無料配布されました。

断片集
http://www49.atwiki.jp/danpen/

そして、サイトでは1番面白かった作品に投票できるようになりました。
どきどきわくわくです。

私のはありがたくも、5人の方が面白いと投票してくれました。
この数字は少ないのかもしれないけれど、私にとっては、5人もの方がそう思ってくれたのが嬉しくも思います。
(ちょっと自分で自分に投票しようかと思いながら、踏みとどまっております(笑))

なんと、史文庫~ふひとふみくら~さんの唐橋史さん(@FuhitoFumikura )に感想も頂いてしまいました!

えへへ。うふふ。


と、そのような嬉しいことは置いときまして。

始めにお読み下さいのページをご覧くださいませ。
http://www49.atwiki.jp/danpen/pages/108.html

意見交換等をしあう場ではまだないということ。
どこがダメだったのか、良かったのかが、書き手に伝わらなければ意味がありません。

私は、幸い感想を頂いて、また自分も感想をお伝えしました。
Twitter上でのことです。

これは、良いことだと思います。
ありがたいですし。

次。

●作品について
 我々はアマチュアです。だからと言って、手を抜いて良い理由などはありません。
 我々は、誰かに読んで貰うための作品を創っています。
(サイトより引用)

これを読んで、真乃は、え!? ってなりました。

真乃は正直、いつも読者を気にして書いているわけではないです。
だから、面白くないって自分で分かっているものも公開するし、面白くないって言っている。
今回断片集に投稿したのも、同じです。
面白いって言えるものではないかもしれない。
つまらなくはないと思っていますが、構成がひどいし。
(ちょっと時間と文字数が足りなかった。スピンオフ作品でもあったし)

正直、手を抜いていないとは言えない。

そして、真乃はワナビ(※新人賞などに投稿しプロを目指すアマチュア物書き)ではありません。
だから、そこまで真剣に書く能力の向上を目指しているわけでもありません。



そして、冒頭の投票というサービスがリリースされることは、投稿前には知りませんでした。

そうそう、最初私は「寄稿」と書いていたのだけど、歩登さんが「投稿」とおっしゃっていたので、後になってその意味を知りました。


明らかに、私も歩登さんのかかげる理念とははずれているんです。

そのことで、削除依頼をされた方がおります。

その方のことを言っているのか、分かりませんけれども。
これはちょっとという記述があります。


まず、いいですか。
この投票というものは、1台のPCで90日(だったかな)に1回だけ、1番面白いと思った作品にしか投票できません。

2番、3番の作品には投票することができません。

だから、投票数が少ないからと言って、その作品が面白くないというわけではありません。
そのことを勘違いしてはいけません。
この投票システムで傷つく必要などまったくないということ。

もっとも、どれも面白くなかったというのに投票することもできます。
最初にお読み下さいを読んだ方は、厳しく評価することだろうと思います。




先にも述べました通り、私は理念とは違うものを投稿しています。
このサイトにきたひとが、始めにお読み下さいを読んで、投票するために作品を読んだとしたら、
おおきな誤解が生じてしまいます。

私の書くものは、断片集に投稿したものだけではありません。
それだけで、作家を評価できるはずもありません。
(ましてや、4千文字という制限付きで)

私が誤解されるのは、まあ構いません。
web上に公開してる作品の多くは、クオリティ低いので今さらですし。

ですが、理念と違うからと削除を依頼した作家さんや、
他の私と同じような気持ちで作品を書いている作家さんを、ワナビとして評価するのだけは
やめて頂きたいです。



主催の歩登さんは、創作文芸界を盛り上げようと頑張っている方です。
ただ、私のような、プロを目指していない、同人で書きたいものを書く、商業では書けないものを書く人間にとっては、熱すぎで温度差が激しいのかと思います。
創作文芸同人界にはそうした方が多くいらっしゃいます。
歩登さんは、もしかしたら、そこのところをご存知ないのかもしれません。

歩登さんは、まだお若いですから。
たくさんの可能性を持っている方です。

一方、私はというと、歳もとってきて、自分の文章のだめだめさもまだたくさんあるし、
構成とかね、そうゆうのも甘いし、そもそも、学がないから単純なものしか書けないし、
とうていバリバリ売れるような作家にはなれないっていうのが分かっている。
いつかプロになんて夢をみれるほど、おめでたくはないのです。

もちろん、創作文芸界を盛り上げたいと思う気持ちは一緒だと思っています。

でもでも、理念が変わらないようであれば、
次のに参加はしないと思います。

歩登さんのかかげるものと添うようなものは書けない。

そのことを、ご理解頂けると嬉しいです。


歩登さんの熱さについていけない真乃が悪いということ。
なので、これからも、歩登さんも断片集も、真乃は応援致します。


なので、ちょっと違うなあと思いつつも、削除の依頼等は今後もしません。


歩登さんのこの文面は、とても歩登さんらしいと思います。
(真乃がどれだけ歩登さんのことを知っているのかというつっこみはなしで)

傷ついたと思ったんだろうなあと。
大きな間違いなのですけれど。
優しいではありませんか。
ちょっと失礼だけど(笑)

つっぱしっているんだと思います。


いいなあ。若いって。

どうか、あたたかい目で歩登さんを見守ろうではありませんか。

ちょっと、攻撃的な方がいらしたので、
雷鳴が轟く前にと思い、だーっと書き連ねてるのでまとまってないですが……
間に合ったかなあ……


断片集、読んで投票して下さいね。
真乃の「青のティーカップ」もくだらないけど、読んでみて下さいね。


相変わらず、真乃も偉そうですが、
どうぞよろしくお願い致します。



※この記事でそもそも真乃が誤解していることや、不快な思いをした方がおりましたら、ご指摘くださればと思います。(記事を削除とかはしないと思いますけれども……)
New «‡Top» Old