categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryイベントとか

第5回Text-Revolutions&カマタまで文学だらけ 参加告知

trackback0  comment0

Natural makerは第5回Text-Revolutions及びカマタまで文学だらけに参加致します。

第5回Text-Revolutions
4月1日(土)11:00~16:00
都立産業貿易センター台東館 4階
http://text-revolutions.com/event/tr05

ブースNo.はD-23です。
頒布内容はWebカタログを!
https://plag.me/c/textrevo05/4F/D/23

変わらずスタッフで委託受付に死んだ顔でいるので、
何かありましたら委託受付の真乃までお声かけください。

新刊はないですが、テキレボ初売りの『ひみつの果実』があります。
是非お手にとって立ち読みでも。
すぐに読めてしまう物語ですので。
あと、とうらぶ二次創作の『戯れあそび』も初売りですね。
つるいちです。
アンソロ『燃ゆる花の歌』もゲスト様に執筆頂いておりますので、是非!
『ミスコレ2016』は残少です。お早めにどうぞ。



カマタまで文学だらけ
5月17日(水)~6月18日(日)13:00~19:00
http://necotoco.com/nyanc/kamabun/index.php

お声かけて頂きまして、乙女ブックマーカーを置かせて頂きます。
素人作品ですが、見てくだされば嬉しいです。

京都でも母娘おそろいで購入されたりと好評頂いております。

会期途中からの参加になるかもしれませんが、こちらもどうぞよろしくお願い致します。


5月に大阪へ引っ越しを予定しており、会期中、何日かは遊びに行きたいと思っております。

大阪への引っ越し自体、なにやら夢のようで、かまぶんも遥か彼方夢のようなことなのですが、新作を作ったりできたら良いなと思ってます。


現在、仕事が忙しく、小説もろくに書けておりませんが、大阪に移りましたら、また色々と活動できたら良いなと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

そして、文学フリマ前橋に遊びに行って参ります。

スポンサーサイト
category感想

【感想】狂った歯車堂様『迷えるグリムの世界』

trackback0  comment0

感想書く書く詐欺のやつです。
すみません、まだあります……

狂った歯車堂様(@citbungeibu
http://kuruttahagurumado.jimdo.com/

文学フリマ
http://bunfree.net/

文学フリマWebカタログ
https://c.bunfree.net/c/tokyo23/1F/D/37


「赤い散弾銃」蒼狗様
赤ずきんちゃん
途中で真実に気がついても良さそうだったのに、そのまま気がつかずに最後まで読んでしまいました。
見事なバッドエンド。
この赤ずきんちゃん、かっこいいです。
この、猟師はなぜこの村に戻って来たのか。おばかとしか言いようがない。
いや、赤ずきんちゃんに殺されるために戻って来たんだ。必然さを教えてくれるお話しでした。

「山羊と七匹の子狼」白猫様
狼と七匹の子山羊
この、山羊のお母さん……かわゆすっ テラかわゆすっ
これ、めっちゃ好きかも。
これは、バッドエンドでもないので、後味的に美味しかったです。
復讐とかやり返したりとかはいけませんよ的なやつ……でもないような気はするけど、とにかく可愛かったです。

「手向け羽根」あずの様
ヘンゼルとグレーテル
これは裏切られました。いい話かとおもったのに、僕の妹がとんだブラコンでコワイみたいな。しかし、まあ、ですよね。お兄ちゃんも魔女に恋しちゃったらそりゃあねえ。
魔女が可愛いなんて、それは、反則ですよねえ。
素敵なバッドエンドでした。

「S&S」かいこん様
ブレーメンの音楽隊
他の作品とはまったく違うアプローチの作品。
こんな形のあの世があってもいいかもしれない。
いや、本当にこんな形なのかもしれない。
いやいや、このあの世は身近なところにあって、そう、迷っている人間には迷い込めるような、そんな場所なのかもしれない。
オカルト好き、宗教好きの私にとって、とても興味深いお話しでございました。
そして素敵なお説教。私の大好物でした。とても感じがいい。空気がいい。

「始まりの死神」雑草様
死神の名付け親
……物書きとしてあるまじき、原作を知らないという……
ここはあえて原作を調べないで読んだので、解釈とかは間違っているかもしれないので生ぬるい目で読んでくださいお願いしやす。
なるほどタイトル。最後まで読んでから気がつく私のどにぶっぷり。
死神の擬人化はコミカルで軽い。
それが、人間の「死」というもの暗さの対比になっていて丁度良いです。
死神とは何かに触れた作品かなと。これまた、オカルト好きな私にとって大好物なテーマではないかと思いました。深いですっ

「救い」人牛様
星の銀貨
ありのままの星の銀貨。
お説教かと思ったけれど違う。問題提起されたような感じ。
原作というか、多く広まっている方の原作では主人公は裕福になるのだけど。さて、それは本当に「良いこと」なのかなと。日本の昔話にもよくあるようなお話だけども、日本の昔話とは根本がちょっと違う。
グリム童話は、まあ、西洋文化のせいもあって「神様」という宗教文化が顔を見せる。私の思う神様なら、こんなことはしないだろう。
そう、神様なら、現金などという汚いものをあげるわけがない。少女は死に、天国へ。それが真のハッピーエンドというもの。(これは真乃の小説でよくやるオチでもあります。すみません)
そういう意味で、このお話、真乃的に好感度が高いです。(何様なのか)
余談だが……うんこは砂漠に埋めろよと神様は教えている……のにまったく人間というのは……
水洗トイレおよび上下水道のインフラ、文明の素晴らしさに改めて気がつくとともに、感謝しました。
文章が淡々としていてとてもクールでお話にとても合っていた。素敵でした。


すみません、偏ってて。
童話好きさんにお勧めの1冊です。
良くあるアンソロジーかもしれませんが、どれも個性的かと思いますです。
文フリで是非、お手にとってみてくださいませ。
category感想

【感想】卯月慧様著(@月兎柑。)『Task Executor vol.1』

trackback0  comment0
感想書く書く詐欺のやつです。
すみませんホント……

サークル「月兎柑。」様の本です。
http://getkan.blog.fc2.com/

卯月慧様
@uduki_sosaku

次の文学フリマにもご出展されます。
https://c.bunfree.net/c/tokyo23/1F/E/12
https://c.bunfree.net/p/tokyo23/4013

文学フリマ
http://bunfree.net/


長編ファンタジーの第1巻です。
ちゃんと親切設計で、各話読切りです。
ラノベテイストで、とてもノリが良いです。
長編ファンタジー小説にありがちな、登場人物が多すぎて読みにくいなんてこともなく、メインは男子高校生みたいな感じのおふたり。
職業かな、能力かな、が、ジョブチェンジシステムのある、FFみたい。
こういう設定が好きですね。
ギルドがあって、そこに所属しているというのは、ありきたりなのかもしれないのですが、私には絶対に書けないタイプのお話なんですよね。
いやこのタイプ、数話で絶対ネタ尽きるし……
もう、この時点で尊敬します。

Task.1 遂行
最初のお話らしく、導入の物語で、ここがまた親切設計。
剣と魔法の見せ場があって、セオリー通りな……
と思いきや、なんか、敵がオカシイ……
ゾンビになりたいおっさんとか……
コメディで楽しいです。
ヒロインかと思いきや、怪しすぎるお医者の少女とか。
キャラクターが、最初からぶっとんでます。

Task.2 黒猫
恋のお話。
かと思ったんですよね。ほとんど進展しないあたりが、なんといいますか、私の好みです。
人外と人外のなんかほろりとくるお話でした。

思惑の違うもの同士が交わるお話は、私は書けなくて、いやはや……すごいなと。
種あかし的なものはなく、すんなりとその思惑は明るみに出るのですが、そのあっさり具合もリズミカルで読みやすいです。

Ex.1 おじいちゃんの古時計
また、このおじいちゃんがですね、いいキャラなんですよ。曲者で。
オカルトテイストで、何が本当なのか、何がまやかしなのかあやふやです。ただ、ラムディズの過去だけは本当であることが分かる。
この手のお話は好きですね。
いやいやしかし、こけしが、こう、なんて言うんですか、シリアスに思えるシーンも、こうコミカルな感じでね!
面白かったです。


このお話だけじゃないんですけど、ふたりの会話が楽しいんですよね。

若いお話を読んだなと思いました。
決して、技術が未熟とか、そういうことではないです。
お話そのものが、フレッシュ!って感じです。
この先、ふたりにはあらゆる困難が待ち受けているのだろうこともちらほら見えたり。
若いだけではない物語、BBAには少し眩しいですが、若い方にお勧めです。

あ~っ やっぱり、剣と魔法はいいなあ。
不思議な話も良かったです~
BBAでも、またこんなお話を書きたいと思わせるに十分な熱さのある物語でした!

category感想

【感想】石井鶫子先生著(@ショボ~ン書房)『全ての恋は消滅する(下)』

trackback0  comment0

刀剣乱舞二次創作 男審神者×燭台切光忠 の上下巻の本です。
の下巻の感想です。
上巻の感想はTwitterで済ませてしまいましたが、
上巻は長谷部の本だったというのが、私の感想でした。


石井鶫子大先生(@syobon_novels
ショボ~ン書房
http://syobon-novels.com/


私は、正直者なので、感想は基本、思ったことすべてを書く人間であります。お前何様なんだよってことも書きます。
ご不快に思われましたらすみませんと謝っておきます。

まず思ったのは「長い」ということ。
長い……長い……あとどれだけ進めば、この前がまったく見えない闇の中を抜け出すことができるのだろうか……
と思いましたっ

最初の方で、上巻の長谷部を思い出して、思い出し泣きをするところで、そこが、最初のオアシスだと知らずに、月のない寒い夜の砂漠の闇に放り出されました。ちょ、懐中電灯持ってくれば良かった! と思っても後の祭りで、もう、前も後ろも分からないのですよ。
とはいいつつも、一本道ですから、やっとふたつめのオアシス、歌くり歌で美味しいお水を頂くのです。
それはもう何度も何度も頂きましたとも。飢えておりましたから。

ははは、よもやまた闇の中なわけないよね、と思ってそのオアシスを出たら、そこからがまた長かったのです。
まじか、え、これ、え、え、え、これ、これ、ハピエンですよね???
ってなります。

208Pでやっと陽が昇って安堵したわけですけれど……

……確か、削ったって、おっしゃってましたよね……
……何を削ったのでしょうか……
もしかして、オアシス削った??
なんか、そんなようなことをおっしゃっていたような……


この燭台切さん……はっきり言って、まんばやおでんたよりもネガティブ。
ずっとうじうじしてる。

……私が燭台切さんクラスタではないから、そう思うのでしょうか……

燭台切クラスタさんは、是非、このうじ男が本当に燭台切なのか、確かめて頂いて、私に教えて欲しいです。


最後の20ページが最高に美味しい小説です。
エベレスト登ったことないですけれど、それくらいの感動がありますかっこわらい。

途中で投げ出すことなかれです。
もっとも、途中で読むのやめるなんて許されない、強制に似た力のある作品ですので、そんなことできませんけれど!


ああ、もう、ほんと、もっとくり歌ください!!
別冊で!!
もっと明るい燭台切さんください!!
よろしくお願い申し上げます。


本当はTwitterで軽く感想を書くつもりだったんですけれど……
長い!!! 暗いが長い!!!ってことを長文で書きたくなるくらい、暗かったので、この、私が味わった苦痛を、
どうしても、お伝えしたくて、同じ苦痛を味わって欲しくて、共有して欲しくて、したためました。
そんな私の記事もなんてネガティブなのかと思いつつ、こんなネガティブな感想書いたことねえなって。
ネガティブな記事を書かねば気が済まないほど、エネルギッシュ?負の力がすごい的な作品と言えるのではないかとも思っております。
一言で表すなら……

なにこの感じ、初めて!!

でした。語彙力ないのは許してください。

新刊も早く読みたいです。
楽しみです。


注意:私はおすすめしない本の感想は書きません。

categoryイベントとか

C90 参加報告

trackback0  comment0

参加報告、久々です。
なかなか時間がとれず、きちんと感謝の言葉をお伝えすることができずにおりました。

文学フリマ金沢、前田くんを見に行ったと言っても過言ではなかったのですが、一般でいらっしゃった審神者様にお会いできて、とても嬉しかったです。
え、なんで!?(とうらぶの本が!?)
というご反応を頂きました。
隣は梅川さんでしたし、めっちゃ楽しかったです。
文フリ金沢、ありがとうございました。

さて、表題のコミックマーケット90ですが、
初めて二次ジャンルでの参加です。
思ったのは、とうらぶのSPこんだけかと……
閃華のすごさを見ているため、そんなことを思ったり。
コミケは参加費高いですし、頻繁に開催されている閃華に参加される方が多いのだろうなあとは思いましたが。
思いましたが、当選するとは思ってませんでした。
ありがとうございました。

しかし、どマイナーCPであります。
Pixivでちろっと見てて思うのは、うちの本のようなコメディを書いてるひとが少なくて、やっぱりこう、真面目なえろが人気なんだろうなあとか、思ってます。
こんな、笑いしかないうちの本なんてなあとか思って……
『続・かねんば』は5冊+見本誌
『かねんば』は、まあ、新規さんもいるやもしれないし、最初の1冊ならって思うひとがいるかもしれないしとゆー期待を込めて、7冊+見本誌
『まだまだ・かねんば』は、まあ、ちょっとえっちいし、もしかしたらそういう需要はあるかもしれないしとか思って、10冊

さっそくいらしてくださった、白河様とご友人様がお買い上げくださって、私の任務は終わったと思ってました。
(差し入れ、ありがとうございました!兼さんのファイルも!)

しかし、お友達が面白いと言っててとおしゃって3冊お買い上げくださったりと、え、伝聞とはいえ、生感想!
って驚いて。

なんか、『続・かねんば』は完売してしまい……
その後も「あの、真ん中は…」とお声かけくださった方がいらしたりで、まさかの『かねんば』も完売してしまいました。

「面白い」って感想はコメディ書き冥利につきますね。
あとは、たぶん、Pixivで見て来られたであろう、殿方がお二方ほど。
男性うけするのやもしれません。かねんば!
(もしくは審神者代理か……そんなカードを下げた男性がいらっしゃいましたね……)

一緒に売り子をしてくださったショボ~ン書房、石井女神さまの旦那様、小太郎さんのカンスト済みコミュ力のお力で、お隣の歌仙んばCPのぷるぷる様とも仲良くさせて頂き、大変楽しく過ごすことができました。

また、創作でいつもお世話になっております方が見えられたりと、
なんとも嬉しいかぎりでした。
流石にマイナーCPの集まりの島は空いてはおりましたが、男性が女性向けジャンルにいらしてくださるなんて。
うちのスペースは異様な感じだったのではないかと。

冬コミは落選しそうですが……
申込みしました。

今後のイベント参加予定
10/8 第4回Text-Revolutions(無人販売)
11/23 第23回文学フリマ東京

どこかで創作本を出せたら良いなあと思いつつ、
そんな余裕がまったくないです……
どうしよう……

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。